第11話,センジュ,完結章?,自作ミノー

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

私の本職は技術職で有るし、趣味にしてもスポーツ・釣りや音楽なので、

何をやってもセンスの壁という物にぶち当たる。

世の中には持って生まれたセンスが有る人や、

幼い頃からの英才教育により他人には決して真似のできない技術や知識の基盤を持つ方も沢山いらっしゃる。

 

オッさんになってエゴやら何やが薄くなり、

幾分客観的に自分の技量の限界や立ち位置が捉えられる様になって来た。

 

そんな感覚の中で、自分を分析するに、私の持ち味は反射神経や集中力であって、

中期的身体能力と中期的計算能力。

ソレを活かせる事といえば格闘技や営業、販売系職であった模様。

何もかも全然関係ない!

しかし

『好き』と『合っている』は又別であるし、

オッさんになった今!方向転換でもあるまい。

 

釣りにしても、

実際のところチニング師としては相応の実績がある感じになってしまっているし(当人はシーバスを狙っている。笑)

どんな専門的な仕掛けで狙っても中々釣れなかったナマズハンが

海用ルアーのテストでバンバン釣れて、得体の知れない状況になって来ている。爆 

 

フゲンやバイブレーションの詰めをやりながら、

コツコツと作用の整理をしていた

『センジュ』

 

0.1g単位のバランスの攻防にどうやら結果に近い答えが出てきた。

アガチスを使った『天才センジュアガチス(ギリフローティング)』は

コーティングを軽く行うとギリシンキングに変わってしまった。

そう考えると、

当初は『ものぐさの欲』的であったバルサへの固執も必要な固執であったと思える。

フゲンを作る際に我慢して試してみた、リップの1mm化。

それでは!と、本来0.5mmであったセンジュのリップも、固くて中々切れない1mm厚のステンレス板で試す。

そうする事により姿勢の前傾に作用して

『生物的、奇跡のスラローム』の手助けになる?と頑張ったが、

実際、オーバーウエイトであった模様。

オレンジが1mmリップバージョン、青が最新改訂版。

では!

もう一つの改訂案、

メインのウエイトを0.5g減らして、前方に0.3gの真鍮の棒を忍ばせる案。

申し分無い重量感!

桶テストの姿勢もよろしい! 

よし!

テスト!

飛距離は『ギリフローティング』として申し分無い。

やはり1mm厚リップバージョンは余り意味が無い。

というかリップ自体のウエイトが倍になる事により、キレを失う。

しかし全体的にしっかり感はあるので今後の参考にはしたいと思う。

そして詰めに詰めた、最新版。

キャスト感良し、動きも良し!

で『ギリフローティングカテゴリー』はコレでほぼ確定だ!

御前浜での海テストも良し!

そして明くる日、その成果を噛みしめる様にセンジュ縛り武庫川テスト。

川面がセンジュにどよめく!

デカイナマズはんがセンジュに絡み始めた。

この時不思議なものだが

『逃げたいけれどテンパって中々逃げられない魚』に私が変わった。

そしてセンジュに憑依した。笑 完全なサイトフィッシング!

ナマズハンの顔が近づいたらチョンとかわす!

『チッ!』とナマズハン舌打ち!笑

2、3度繰り返すとナマズハン激怒して本気を出した!

もう私の本体の事など気付かない!

『バクッ!』

イヤイヤイヤ無垢のバルサなんでルアーがボロボロになった!

サァ!

コーティングしてからの調整がまだ残っている。

結構なセルロースセメントを染み込ませてボディ自体の剛性を上げるのに

その分の浮力を担保しなければいけない。

真ん中後辺りのボディが厚い部分に、

気室を設けるというところでしょうか?

ここから又長い四苦八苦が続きそう。笑 

とりあえず実績 1匹。爆

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA