第三話,御前浜,釣行記,センジュ,ギリフローティング,シーバス

ようこそおこしくださいました!フミニイです! 

以前、

西宮市の不思議、イヤ!日本の不思議について書いた事が有りましたが

西宮って、本当、様々なメッカである事も多い、

廣田さんもそうであるし、

もちろんエビっさんもそうであるし、

高校球児のメッカ甲子園もそう。

そして河童のメッカ、うるしが淵も。

こんな場所で

やれ御前浜だ、

南甲子園だ、

うるしが淵だと

釣りが出来る事を噛み締めると、

又、幸せの味が滲み出る!

(あんまり釣れませんけれど!笑)

 

御前浜は格別な居心地で、

おそらく

廣田さんと

えべっさんの

『ありがたい覇気』が

溢れているだろうと思う。

釣れよが、釣れまいがついつい長居してしまう。

又、

ホーム的に何回も何回もお世話になっているので

『居るなら絶対ココに居る』的なポイントは下手なりにわかるので、

「ココはダメか?じゃああっちは?」と

ある程度見切りながらやるつもりでも手数は増える。笑 

そんなこんなで御前浜の状況を僭越ながら断言したりするが、

この日はスレっスレ!

表層直下型のセンジュが火を吹く事は無い。

そもそもこういうのは

早朝の静まりかえった感じの中でハイピッチに効率良くチャレンジしないといけないのだろう。

仕方ない!

いつものパターン行きますか?

『大遠投ブルブル沙汰!』笑 

最近チニングのメッカ化している御前浜。

この段階で、今の時期だと

とりあえずチヌハンが出迎えて遊んでくれるものだが、

お客さんが多く疲れているんだろう

『また今度ね!』と言われた。笑 

ソレでも『何か1匹は!』と

ハニーポイントを勇猛果敢に、

根掛かりを恐れずに挑む!

 

『ガツン!』と凄い引き!

ドラグがなる!

著しくなる!

ドラグは硬い目が常であるがドラグはなる!

私を中心にコンパスの様に走る!

ハイハイハイハイ!

ボトムに張り付く様な

重たい引き!

ハイハイハイハイ!

久しぶりのアカエイハン!

(写真撮らないで急いで逃してあげた)

 

が2匹!

座敷の座布団サイズと

椅子の座布団サイズ!爆

ダメだ!今日はダメ!

チョット過食がタタリ、お腹を壊し気味だったので、今日は念のためウェーディングを封印した。

ソレが良かったのか?

悪かったのか?

エイさんと戯れるハメに。

コリャ!

徹底して『センジュ・ギリフローティング』の御前浜での使用感を検証するかァ!

完全センジュ縛りスタート!

散々、武庫川の淡水域で調整して来たセンジュ。

突き詰められた調整が施されたルアーは海水と淡水の挙動に大差がなかったりする物で、

高々水分の中に

塩化ナトリュウムが3.5%含有されようが

腐葉土由来の有機物が溶け込んでいようが、

チョットした違いしか起きない。

それよりももっと注目しないといけないと私が判断するのは

流れっぷり。

川の流れは、

反転流的な物も存在はするが、海に比べれば単純明快。

音楽で言うとR&B系である。

 

対して海は

折り重なった変拍子の複合体が大きな縛りの中を塊になって動くイメージ、

とってもJAZZである。笑

そして流れを動力として、止めた時のキョドり感を武器とするセンジュ・ギリフローティング。

完全にコレは吉と出ている。

しかし私が神経質過ぎるのか?

川ほどのキレっキレ感が無い。というか結構、無垢のセンジュは水を吸うてますがな!

それでかな?

(だから早よ塗装しろって!)

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA