第二話,自作ミノー,1番デイミノー,『カマキリ』,またしても奇跡?

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

一連のセンジュ沙汰。

まだまだ完成系は『ギリ・フローティング』のみ。

本来センジュとは、

板状のジョイントベイト。

なんなら『小振りなビッグベイト』

目標アクションは、

そもそも『自然なスラローム』なんかでは無く。

『大きなルアーが小規模にバタバタ動く、存在感の在り方へのアプローチ』を、

テーマに取り組んだ。

 

苦節五年の格闘の末に完成した『マユ』

コレは表層・引き波・i字系ブレイドベイトの作成時。

とんでもない『スラローム・ペンシル』がたまたま出来て、

ロストしたマスターを再現できなくて四苦八苦したという物。

苦労して完成した、自然なスラロームペンシル。

苦節五年だった訳ですが、

センジュがあっさりフローティングミノー的なアプローチで完成してしまう。(バタバタアクションを目指していたにも関わらず。笑)

 

しかし『マユ』は

『ヒラをうつベイトのスラローム』で

 

『センジュ』は

『加速しようとしている』スラロームで

細分化するなら別物。

それにマユは前方重心。

センジュは後方重心で

使用感や沈下姿勢にもかなりの違いはある。

 

 

強波動・前傾バイブレーションという物は結構誰でも気軽に作れる。

ましてや最近ダイソーさんが110円のメタルバイブを発売して、結構普通に使えたりする。

しかしながら今後の細分化されて来よう、バイブレーションの世界。 

引き抵抗・飛距離・アクション・沈下速度・フォルム・沈下姿勢・ウエイトバランス・レンジ帯。

アレやコレや、自分なりにノウハウを蓄積してきた事は、意義のある自作バイブレーションの提案を志す物として非常に心強い。

蜘蛛の巣の様な『トンデモ・アイデアの塊』を大暴投・豪速球で連射してくる『甲さん』

そんな訳の判らないトンデモデーターのクシャクシャした塊を紐解きコツコツと再現していく『乙さん』

私の中に存在するこの2つのキャラをマネージメントするのにも最近慣れてきた。

センジュの追求は取り敢えず『ギリ・フローティング』で休んでもらい、

次は

頓挫しまくって早2年の

『1番デイミノー・カマキリ』

目指すは

『後方固定重心ぶっ飛び・ハイピッチウォブンロール・スロー気味水平シンキングミノー』爆

(出来るんならみんなやってるワァー!)

しかしコレ!

このためのノウハウ!

センジュではボツだったバランスが

カマキリでは貴重な糸口だったりもするんです。笑 

んで!急いで勤めて作り上げた、

苦節2年(3年かも?)の初号機が完成。

当初の構想よりややセンジュ様に引っ張られている感は否めないが

『気にしない!気にしない!』

そもそも6gの棒状ウエイトが真ん中後方にガシッと付いている時点で

ぶっ飛びは確約されている。

そして水平沈下を促す、デカ尻フォルム、頭に1gだけウエイトを打つ。

ハイピッチにするための小型真鍮リップ。

いざいざ完成!

取り敢えず武庫川へ!

キャスト!

飛ぶ飛ぶ!(当たり前か?)

問題はアクション!(センジュの目標はハイピッチバタバタ・カマキリの目標はハイピッチ微振動ウォブンロール)  

んん?

ハイピッチバタバタやん!

理想のハイピッチバタバタやん!

センジュのミッション当初の目標通りに完成!

イヤイヤイヤ!

カマキリ!カマキリ!

んんん!

まぁいいかぁ!

いきなり

『1番デイミノー・カマキリ』

完成です!

アクションはハイピッチバタバタ!

よし!

コレを磨いてやる!笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA