第四話,自作ミノー,カマキリ,潜る犬,フゲン沙汰,

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

我が家は『初夏の珍事』が巻き起こる。

鳥好きな我が家。

家にはセキセイインコとオカメインコが。

完全に山の中にある私の家。

キジバトはんやメジロはんなどはレギュラー。

ウグイスは泣いているし、よく分からない野鳥が季節毎に訪れていたりする。

最近は休みのたびに、放っておくと森状になってしまう

庭の剪定などをしている。

長年の積み重ねで

野生のキイチゴやアケビやヤマブドウなどを自生させて

市場では中々得られない果実を収穫しうる森が作れたの良いが、

山の森は山の森で。

だんだん人の家では無くなって来る。笑

木の枝を切り倒し、それを電気ノコギリで細かく切り、

雑草とともに丈夫な袋に詰めて、

ゴミを出す作業に追われていた、休日の朝。

見慣れない鳥がビービー泣いている。

珍しい野鳥だ!

私より何倍も野鳥好きの妻に尋ねる。

『九官鳥を小さくしたような鳥がビービー何か言ってるよ!』

 

『九官鳥?』

 

『イヤ!九官鳥とツバメの間かな?』

 

『フーン』

 

イヤイヤイヤ!

野鳥好きだから報告したのに

リアクション薄っ! 

よし!動画を残しておこう、あの鳥は絶対珍しい? 

そして又、野鳥に詳しい妻にトライ!

『ネエ!この鳥なんてゆうの?絶対に珍しいよ!』

『アラ本当!珍しい鳥ね!』

妻はパソコンで、私はスマホで調べてみる。

ちなみに妻は野鳥の中で

『オオルリ』という鳥が1番好きなのだが

実物はそんなにお目にかかれる物でも無く、

いつか深い谷にでも行って見てみたいと思っていたのだとか。

『オオルリちゃうん?』

『んなアホな!九官鳥とオオルリは全然違うわぁ!』

動画を拡大。

『オオルリ』やん!(妻と私)爆

 

さて!

ルアーの方は

『メタルミノー・フゲン改』と

『カマキリ』(桐)

『ハーフ・ムーン65』沙汰 

 

ボール盤とルーター以外コレといった設備も無く。

ましてや『作るの好き』以外のアドバンテージは何もない。

工学の知識も特別な技術も、

何も無い。

そんなオッさんが

ルアーに革新などチャンチャラおかしい話で有るが、

当人はそれでもやっちゃう。

 

金属と金属の0.1mm単位の接合。

まさか溶接する訳にもいかず。

いにしえからの木造職人さんが釘など一切使わず、木材を強固に組み上げたノウハウをヒントに傘とポデイを組み上げる。

自分の相応なポテンシャルの範疇など、とっくに超えている。笑 

『カマキリ』の素材。

鬼門の素材『桐』が妥当だ、という結論に達する。

しかしバルサの数倍硬く、加工に骨が折れる。 

 

真鍮の加工。

慣れとは不思議な物で何となくコツを得る。

しかし1・2週間ズット!0.1mm単位のカチカチ系を形成して行く攻防戦。

手と腕と肩と目がボロボロになって来る。笑 

そして一旦テスト用ブツは完成。

長い道のりでありました。

お馴染み武庫川でテスト。

フゲン改キャスト!

飛びは文句なし!(メタル100%だからね!)

問題はアクション!

巻いて来る!

水平だ!

ゆっくり巻ける!

やったー!

だけどぉ!

ノーアクション!笑 

完璧なi字系である。笑 

『んんん?コレはコレで良いのか?』

イヤイヤイヤ!

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA