トレトレメタル,4番マル秘ペン,御前浜,釣行記

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

初夏の御前浜は一年で1番美しく、

梅雨の増水の後、出かけていた赤潮もかなりおさまった模様。

雨の間かなり海が荒れていたと想像できる、砂の堆積。

青潮多発の状況下などはこの砂の下に黒い泥が覗くが、それも見当たらない。

これで海底が程良く自然に落ち着く状況になれば私の得意パターンも通用する状態になるのではないか?笑 

岸際にはベイトもたくさんいて無駄な量のボラはんも居ない。

水は澄み過ぎず、濁り過ぎずで、潮も程良く動いている。

ぱっと見は最高のコンディションのハズ?

がしかし、

おそらくまだ水潮の状況なんでしょう。

前日の武庫川テストでも水位はやや増、濁り納まり。

しかし最近の親友『ナマズはん』に丸無視される。

でも川(池では無く)・海兼用で釣りをしていると、何だかわからないはずの岸際の潮加減(塩加減?)が見えてくる。

芦屋浜,南甲子園浜,御前浜共に、

小規模河川の河口に位置していて雨が降ると真水が大量に流れ込む。

湾奥的に潮の満ち引きで川状の潮の流れができるが、

場合によっては海の潮は河口に向かってくる。

その二つの流れが澪筋でかち合うと岸際に美味しい所が無くなり、

澪筋自体も面に突き刺す釣りになり難易度がバンと増す。

大遠投して留める釣りか?

引き出しに無い!笑 

マァ良い苦しゅう無い!

私には楽しみがまだまだ!

『2番サロゲート・トレトレ・メタル』

まぁ最近の言い方で言ったら、ドリルロールメタルバイブ。

ウエイトは19gのメタルバイブ。

引き抵抗は穏やか、

パタパタとトレトレとロールしながら引いてこられる。

トレトレ自体は結構様々なアプローチを繰り返したのちにポンと復刻出来た代物。

本来のメタルに戻してあげるべく、メタル版に再挑戦!

キャスト!

さすがメタルバイブ!

よく飛ぶわ!

トレトレ自体、フォルムが縦にしっかりとあるし、

メタルバイブ的には後方バランス寄りに作っている。

キャストのリリースタイミングを損なうと回転しやすいが、

丁寧に理想的にキャストすると無敵の飛びを見せる。

そうそうキャスト技術改善のテスターとしても非常に分かりやすい。笑(かと言って重心移動ミノー程シビアでも無い)

何をやっても食わない時に座右のルアー『コアマン PB-20』でポンと嘘みたいに反応する事が有る。

トレトレも同様の意外性を持つ。

今日はその真価を発揮出来なかったけれど、笑 

トレトレムーブメタルで再現完了!

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA