第二話,自作バイブレーション,1番サロゲート,サテライト

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

阪神間では雨が降ったり嘘みたいに晴れたり、

逆にスッキリしない天気。

釣り的にも

コロコロお天気変わり沙汰だと作戦も練り難い。

 

ところで、ランガンする時のルアーケースの数って、

貴方は多い方?少ない方?

 

因みに私は多い方。

 

あんまりルアーチェンジしないで、たったかたったか、場所移動するタイプの方は

ルアーケースなんて2つも有れば充分でしょうけれど、

私の場合、反応を見つけるまで

手を変え、品を変えする傾向にある。

油断するとルアーケースなんて七つぐらいになってしまう。笑 

無駄に繊細な性格が災いしてか?

水位や潮の向きの違いで、

活性とか、適合ルアーとか、馴染み方とか、どの様な変化があるのか?

色々確認したい。

カラーチェンジが起こす反応の変化とかも数多く体験したい。

えっ?

そんな事では大きな釣果は見込めないよ!ですって? 

あー!

いいんです!

いいんです!

私は未だ発展途上中で、実質的な釣果の大小よりも

より沢山のデーターが欲しい。

だから

こと『釣果』という事に関しては余りまだ気にしていません。

そうですねぇ!

まだ20%も実力を出してないかなぁ?(嘘つけぇ〜!)

 

しかし、ポイントの見切りが遅いかと言うとそうでも無い、

これ逆に食いが立ち始めるとルアーなんて一切変えない。

逆に『もうわかったから、逆にコレならどうよ?』的に

アタリルアーを変えて遊ぶ事も5年に二回ぐらいは有ります。爆 

 

んで、シーバスを始めて間もない頃、

座右のルアーと言えば、

高級ジク・ダイソー・ジグベイト28g・40g。

言わずと知れたコアマンさんのIP26・13。PB20。

デュエルさん、アダージョのジグミノーとヘビーミノー。

自作は『サネ・ジクシンペン』

『1番サロゲート・5番サロゲート』

だった訳です。

んで、一押しは5番サロゲートだった訳ですが、

明石や垂水や西宮ケーソンで修行を積む中で、

シーバスが追ってはくれるけれど岸際で反転する事件が多発する。(水際の距離感とか無頓着だったし、スピード感が適当でした。)

今ならまだやりようも有りましたが、当時は只々むかつくばかり。

そんな中で1番サロゲートを漂わせる的な考えも起きなかった訳でも有りませんが、

当時はボトムにいる見えない奴をイメージしながらアプローチしてみる様な芸当も思い付かない。

んで只々巻いているとルアーも浮き上がって来るので、

アプローチもトローチもなかったわけです。笑 

いやはや・・・。

時は流れ、

なんだか幸運が重なり

本拠地を地元近くの御前浜に変えてからは

『チヌのサロゲートさん、笑』と呼んで頂いたりして、

(本人は淀み無くシーバス狙いだったのに。笑)

ネットトーナメントが好成績だったりした。(もちろんチヌ、爆)  

シンクロニシティなんて言葉が有ったりする。

関連性が無いと思われている、何かがどこかで繋がっていて、同じような傾向や行動を示したりすること。

水辺絡みで言うと

イワシの群れが作る塊としての造形。

例えば大きなサメや鯨に似せた様な造形を作り出し、捕食者を威嚇していたりする。

あの秩序的な整列とアレンジ、

あれ!科学では全く説明が付けられないらしい。なるほど! 

ルアーと人間と魚の反応とて、

一年規模のアタリルアーがあったり、

一年規模のスレちゃってるルアーがあったり。

SNSの釣果を拝見しているとビンビンと感じたりする。

まさにシンクロニシティの様。笑 

んで!感覚派の私が導き出した『ムシの知らせ』は2つで、

一つが1番サロゲート。

ちょっとガッツリ久しぶりに向き合うか!と。

続く

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA