第四話,自作バイブレーション,1番サロゲート,サテライト

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

私がまだ鮎釣り師であった頃、天気に恵まれ無かった年など

川の増水、又増水で

釣りが全くできない年もあった。

そんなこんなで播州辺りの地磯でコマセ釣りも始めたのです。

しかし現在の海でもこれだけ落ち着かない雨が降ると、釣りがかなり難しくなる。釣りが物理的に出来るだけまだ良いのですが。

コマセ釣りを始めるまで、

海でのウキ釣りってそれまで青イソメのウキ流し釣りぐらいだったので、

完全にアタリをウキに頼る釣りをしていた。

淡水でもヘラ釣りを長くやっていて、

アタリと言えばウキの反応を見て水中の様子を想像して、

アワセまでのストーリーを完成させていく釣り。

情報をウキからとっていく釣り。

コマセ釣りも飛ばすためのウエイトも兼ねた中通しウキで海中の様子を想像して、

ウキの反応を凝視してアワセていく釣りであろうと想像していたが、

全くそんな事は無かった。

そんな要素は半分にも満たず、

結果浮きをサスペンドさせたり、

水中にスローシンキングさせたり、

完全誘導仕掛けでウキ自体がアタリを取るための道具ではなく、

仕掛けをポイントに飛ばし、仕掛けをポイントに定着させたり、誘いの支点とする使い方が多かった。

その時アタリを取る手がかりは竿となり、

竿を持つ手となるのです。

脈釣りは苦手ではなかった。

元ホームの猪名川水系の藻川。オイカワ釣りは2号丸鉛のキャロライナリグでバンバンアワセていたし、

増水時のワンドなどでフナが湧く時など、

浮きを付けたら仕掛けが早く流れていくので

これも重たい目の鉛を固定して、

その鉛を上下させる事によりフサがけしているミミズの針を自然に漂わせてフナをバカ釣りする面白さもハマっていた。

しかし大人になって、脈釣りの精度も上がりそうなもんだったが

全くアタリが脈では取れず、

ウキに頼る、コマセ釣り。

高活性時は釣果に恵まれるも、かなりのアタリを逃していた様に思った。

ご存知磯竿なんて適合ウエイトは1.5号クラスが相場で5メートルに至る長さが有るといえ

水中の様子が推察できない代物でもない。

『おかしいな!おかしいな!僕ちゃん鈍感になったんかな?』なんて思っていた。

んで!

オッさんになってベイトタックルを復活させて、

川でナマズハンに遊んでもらって、

村上師匠のセコ釣りも齧らせて頂こうと、

細PE・1.5号フロロ・繊細スピニングタックルで挑んだら、

水中の情報が全く取れない。

3号ナイロンのベイトタックルとでは、感度に雲泥の差があるはずなのに。

水中の様子が伝わらない。

??? 

冷静になって、理由を考えた。

!!! 

えっ!

手!

スピニングの時は右竿。

ベイトの時は左竿。

んんん?

それしか無い!

という事はコマセ釣りの時も右竿だったがそれで感度が鈍かった? 

マジか?(徹底検証を予定しています)

 

さて!

お話は1番サロゲートのお話へ。

サスペンドや超スローシンキング、はたまたフローティングのバイブレーションってあってもいいんじゃないかと思う。

しかし大体分かっている。

それがあんまり無い理由。

表層直下を速巻きした場合、飛び出し率が半端では無い。

タイトウォブリング系のシャローミノーでその領域は受け持てる、

なんなら邪道さんのグラバーなんていうのもあるし(表層を超速巻きできるタイトウォブリングプラグ)  

バス界の場合、

フローティング系のバイブレーションは有る模様だかそんなに多くの方が使っては居ない模様、

それにバスならチャターなんちゅうのも有るし。

 

表層直下と言うと、

偉人が作りし輝かしいレジェンドルアーが多く、

そのケースで

試すべき手持ちルアーが沢山ある方、

バイブレーションという結論に達する以前に結果が出る。

すなわち海で表層系バイブレーションを!という待望が出ないので

メーカーさんも積極的に作る迄に至らない。

作ってテストを上手いこといかすのに骨が折れ、

その上誰も欲しがらない可能性がある訳だから、

どこも作る訳がない。

 

しかしバイブレーションの波動しかダメな時も多々有るし、

バイブレーションの波動しかダメなのにも関わらず巻き系では全く反応がない事も多々ある。

置いておけるバイブレーションが必要だと思い、

1番サロゲートを復活させるべく又挑んだ結果、

原型を留め無いながら、

ほぼそのコンセプトを踏襲できた

『シーマウス』

とある日の御前浜釣行。

何やってもアカン日。

河口でシーマウス漂わせたまにプルプル。

ほらチヌハン即食い。

表層でチヌハン?

なんとも記憶に染みつく出来事。

しかしマァ小さくて軽過ぎる。(超近距離戦用や!)

工夫が必要。

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA