第五話,自作バイブレーション,1番サロゲート,サテライト

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

最近はめっきり、勉強といえば村上晴彦氏のYouTubeに上がっている動画の拝見。

 

この手の事をメディアで『ポン!』と説くのは村上晴彦氏だけの様な気がする。場所に囚われず、釣れないはずの魚を釣って来た方、コレ、初心者が備えるべき一つの釣りの確信。ポンと一言で説いてしまう。今真夏だけど。

 

シーバスもやってらっしゃらない事もないがマレであるし、チニング的な事は皆無。全ての釣りをやりこなされているにせよ、

やはりメインはブラックバス。海では圧倒的にライトタックルのアジやメバルが多い。

なのに私自身はバスやメバリングを一切やらずに氏の動画を毎日の様にノートをとるが如く見入る。

メーカーの看板を背負って、経費も時間も使って撮影。

看板アングラーが商品を使って魚を釣る。

ほら!このルアー釣れるでしょ!的な。

コレ、私たちが偉大なアングラーの釣りをタダで拝見出来るシステムの仕組み。

結果、心は『このルアー欲しい!』になる。

しかし、だんだん偉大な方々の動画を追いかける内に『イヤイヤイヤ!キリないから!』となる。

ソレにシーバスの場合未だ分からない事も多いので、

シークレット系のメソッドやリグを公開して行くリズムがゆっくりし過ぎている感じ。

特に小沼正弥氏や大野ゆうき氏がアイデア小出ししている感は私とて感じる。

かと思えば『お身体悪い?』ぐらいに露出が減り、ネタ出しも最近なさらない方も多々。

いずれにせよ、シーバス界の釣りは情報が重要でルアーで釣れない時はどんな名人が何やっても釣れない日が多々ある模様。

しかしバス界の場合、

ここにバスがいるはず?となればいつでも何とかなる感が有るし、

バス自体をやった事は無いが聞くところによると、

全体的に技術次第で何とかなる感は強い。

というかシーバスの場合、一箇所で粘って絞り出す的な釣りをなさるのは、小沼正弥氏だけの様な気がする。

コレ、やる気の有る魚の多い場所に行けば誰だって釣れる事をもちろんご存知だろうし、情報網もあるに決まっている。

しかし移動せずに一箇所で粘る的な釣りを良くなさる小沼氏。

何のために?とシーバス界ではなりがちだが、

小沼氏は沢山の問題を抱えていて、

問題解決している様にわたしは見える。

偉人の中には『ルアー替えするな!』という好きなアングラーもいて、複雑だが。

私はシーバス界のルアーを更に進化させるのなら『ルアー替えして場所替えしない』行動がもうちょっと多くても良い様な気がする。

居てる魚を食わせてなさすぎな気がする。

『イワシパターン・〜パターン』と言うけれど居なかったら僕たちどうしろと?笑 

その度に駐車を転々とする? 未だ一箇所で釣れる魚はいるはず。

んでサテライトは1番古いルアーなんですが、

新しいパイロットバイブとして完成を目指す!

(小出しって、アンタや!)

イヤイヤイヤ!


絶賛こねくり回し中!

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA