第五話,ルアーのカラー,よもやま話,御前浜,南甲子園浜,シーバス,チニング

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

次はパールやラメやクリアの考察。その前に少しフラッシングチュウものを整理して考えて見る。

 

前回のお話でデイゲーマーの大定番であるはずの

『青銀イワシホロ系』が

私の環境下では大定番では無く

どちらかと言えば最終兵器の部類となっている。

そもそも自作でホロを施す場合、必然的にホロシールの切り貼り作業が追加され、

複雑な曲線を有するルアーは失敗率が高くなる。

その上ホロシールを馴染ませる為と、

カラーリングの馴染みを良くする為の

二回の『捨てディピング』を余分にしないといけないのだから、

私にとっては、自作する上でホロ系っうのは、特別な存在。

なのに、

メッチャ有効か?

となると、パイロットカラーとしてはサホドだったりする。

パイロットカラーとしての真の汎用性がないのに

カラーローテーションの先頭に付ける習慣があると、

短い釣り時間の何%かが

毎週無駄になっていると言えるので、

私の世界観ではリアルイワシホロ系って、早くからパイロットとしては見切っていた。

 

何よりチャンスと思われるタイミング。

例えば浮いているベイトの塊や、潮目付近の中層でホバリングしている様な時。

超リアル系でソレらに完全同化させる芸当が

逆に大ネガか?と感じさせることが多い。(あくまでも個人の世界観の感想です。)

 

んで!

それなら何?と聞かれたら、

状況問わずの汎用カラー

として

『ニセコットンキャンディ』がパイロットカラーの筆頭になってきている。

 

このニセと言う部分。

 

私の筆捌きが残念であるがゆえ、メリハリが悪く、細かく五色をツーパターンに並べるので、

遠目に見るとクシャッとくすんだ感じになる。

って言うかいつでも見られる乱反射虹を色で塗っちゃった感じで、

ソレがいびつであって自然で有るというのは前回のお話。

 

表層系探り段階や澄み潮系の釣りで見る事が出来る、バイト発動の瞬間。

フラッシングするルアーが一度傾き、体制が立て直された時。

『ギラッ』と光った時。

奇襲の様にシーバスはんは、

ある程度の距離感から襲いかかる事が多い。

実質的に私の世界観では、

シーバスのアタリに

前アタリや

送り込み合わせ的な理屈が存在しないのは

この捕食スタイルに起因する様で

『アワセの妙』だけで考えると本当につまんないと言うか、難しい魚です。笑 

 

しかし、

この一ギラが人間が見えていない水底でも食わせのトリガーになっているのは明白で、

実際の所ストップアンドゴーって、

食わせの間作りと言うか、この『一ギラ』作りに意義があるのでは?と思うし、(バイブレーションは止めると一回傾くので)

実際ソレを意識して行うとチョットした間のニュアンスが変わりして、効果的であったりもする。

 

海のルアー釣りを始めた頃、端的で理屈っぽい私のヘッポコ脳は

『フラッシングが必要なら、鏡が最強じゃない?』との回答を導き出した。爆 

自作アクセサリー的な用品を見ていると、

ハサミでチョキチョキ出来たりする鏡系の樹脂板があるので、

初期の自作ルアーに多用した。

『鏡のフラッシング最強!』チュウ様な感じで、

自分のルアーが今どこに居るか一目瞭然だったりする。笑 

これは凄い!

私だけの秘密!と

張り切ったけれど、

全然釣れません!笑 

イヤイヤ!フラッシングの極致でしょう?と、

端的ポンコツ脳は

エラーコード『あれつ?』を発動。笑 

『ホウホウ!フラッシングの程ね?』っと、

修正コード

『色々試して見る!』を発動した。

続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA