第六話,ルアーのカラー,よもやま話,御前浜,南甲子園浜,シーバス,チニング

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

昨年の初秋の御前浜でのお話。

跳ね橋側のゴロタは一旦スルーして、砂浜とゴロタ石畳の『端境』で釣りをしていると、

跳ね橋の橋桁あたりでギラギラと何かが光る。

こういうのって大抵、

ポッキーの銀ピカの中袋だったりするんですが、

万が一、ローレックスだったらオオゴトだし、

完璧に塗装されたメタルジグだったりしたら、非常に興味深い。笑 

チョット面倒だったけれど、

好奇心に任せて猫領地のゴロタ草原を歩く。

近づいて見ると朝マズメに昇天されたばかりと思しき小ぶりな真鰯はん。笑 

 

ローレックスを拾って『落とし主現れず』を期待したが(姑息っ!)チョット残念。笑 

 

しかしあれだけ遠くから

『銀か?プラチナか?』というような光を放っていた真鰯はん。

背中にわずかなグレー感を残し、

後は絵に描いたような銀色でありました。

 

後、

よく見かけるのは

『クルクルパニックカタクチはん』

水面をクルクル回ってはる。

そんな時の魚体も大抵銀色が鮮明に出ていて、

興味本位に捉えて見ると、背中は真緑だったり

紫っぽかったり。

 

後、

水辺では無く市場に並ぶ新鮮なイワシはん。

鮮やかな銀ベースの魚体に背中は群青色だったり、青緑だったり。

 

んと言うか、

前も触れた話ですけれど天然光、水辺で折れ曲がる屈折光にさらされる、生きてるイワシはんの群れって、

水中で見るともっと透けていて、色合い的にも複雑で不安定な感じ。

そこに細かなレインボーホロ的な外れた鱗が乱舞する物だから、結構ゴチャゴチャしたスッチャカメッチャカな状態。

むしろ単体のルアーでそんなスッチャカメッチャカな状態を表現するより

磯釣りのフカセ釣りの撒き餌が水中で漂っている方が視覚的には近いかもしれない。

 

しかし逆にこの大規模な匂い付き、そして実際に食べらる餌。

ルアー釣り師目線での勘定だと

高級ミノー三個を

毎回ロストし続けるレベルの必然的消耗を前提とする、

高価な撒き餌。

しかし、

常にルアー釣りに勝ち続けているかと言うとそうでもない。

ルアーとは比べ物にならない規模のスケールの

食べられる雲の様な物を漂わせているのにも関わらず。笑

 

察するに魚目線で考えると、

視覚的謎が多すぎて、

シークレットな向こう側にフィッシュイーターを食うフィッシュイーターがいるかもしれないので

群れとなり陣形なとがある状態ならある程度挑めるが

単独行動下では恐々近寄るしか無く。

単独で狩をする、大型魚は逆に中々釣れなかったりする。

だからフカセ釣りの基本的な大前提として、

オキアミを煙幕的餌に混ぜた撒き餌の

水中での雲の様な塊の中に

針の付いたオキアミを同調させてだますのですが、

実際問題釣果の差って、

その針付きオキアミを煙幕の群れから

いかに自然に離脱させるか?にかかっていたりする。

 

コレ!

ルアー界では

『スルーされがちタイプのボイル』と似たような状況で、

結果的に実際の群れにルアーを入れて騙すルアー釣りより、

人工的に作った群れの中に目立たない針付き餌を絡ませるフカセ釣りの方が

『疑似感』は強かったりするから面白い。

実際のところ食わせるための針付きオキアミには

目立たせるために、赤や黄色の着色をしたりするんだから、

何が『疑似』なのかわからなくなる。

 

何かを捕らえる方法って、

第一段階のアプローチとして、

捉えられる側の思考脳を使わせず、

習性の反射的行動に働きかけるのは定石だ。

 

疑わしき塊に一度警戒心をいだいた魚。

その思考をリセットさせるのは群れから離脱する無法者の出現。

この一瞬の条件反射。

食べようとしていたのが銀なのか?

金なのか?

傷を負い血が滲んだ奴か?

酸素が欠乏してくすんだ奴か?

ルアーカラーのアジャストつう奴の一つの発想の起点として、

その一瞬にどんなのを離脱させるのか?は

重要だと今更ながら妄想した。

そう考えるとギラギラの銀系が決して万能では無い理由も見えたし、

くすんだ系・差し色系の

金の活躍が多い事にも納得がいった。

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA