第九話,ルアーのカラー,よもやま話,御前浜,南甲子園浜,シーバス,チニング

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

ずっと開けない梅雨をやっと通過して、今度は取ってつけたかの様な猛暑。

半ば予想通りと言えば予想通りの展開。

夏が好きな私とてちょっとキツイ。

海釣りって風が吹いたり吹かなかったり、

これ炎天下の中で防波堤ともなるとかなりキツイ。

ケーソンのコンクリートは、目玉焼きが焼けそうなぐらい暑くなる。

都会のウェーディグとて微妙。

立ち位置の岸際、水温が上がり潮通しが悪くなっていたりすると

『ちょっとぬるいお風呂』ぐらいになっていたりする。

都会のウェーディグなど必然的にドライウェーダー。

かなり能率的なサウナスーツになっていたりする。

真夏になると水漏れと汗の判別は不可能。笑 

鮎釣りなんて大抵ウエットウェーダーで、流れの有る泳げるクラスの川で腰まで浸かる。

清流である時点で大抵谷川で上流から下流に向けて風が吹く事が多い。

それでも10m近い竿を操り、細かく調整したりするもんだからそれはそれは暑い。

オマケに日差しは海みたいに方向性を感じさせない日差しを多方面から均等に受ける感じでよりこんがりと焼ける。

しかし真夏のシーバスが釣り辛い時期、

清流の鮎釣りなどお勧めっちゃお勧めです。

デイシーバスのルアーで、

最強勝負早いアイテムって波動を出してボトム辺りを引いて来られる、バイブレーションとブレードジグ。

しかしそれに対抗する様にロール系ちゅうのがハマったりする事も多い。

 

余りソコを意識した発言を聞く事は少ないのだがバイブレーションとて明滅が縦軸で動くウォブリング 系と

横軸に動くロール系が有る。私作的に言うと『トレトレ』 

サテライトもロール強い目のウォブンロールかと思う。

釣果稼ぎ頭エースの

『ムジュウ』も横軸系の明滅がゆったりとしている事がキモで有る様な気がする。

着水ヒットに長けるのは着水し初めに横を向いているからだと、考察している。

ご存知、水に潜って漂う鮎を見ていると、笑

想像以上に魚体が透き通っていることがわかる。

その世界観で

魚に金や銀の要素が有るなんて思わない。

しかし、ふとした時に鮎が翻る。

威嚇したり苔を食べ始めた時。

横を向く。

鮎的には『守り』ではなく『攻め』に転じた瞬間。

その防衛力は一旦解除される。

その時魚体はギラッと光る。

鮎が最も金や銀に見える瞬間。いわゆる、

横を向いてギラッとした瞬間が捕食者にしてみたら1番能率良く齧るタイミングなんでしょう? 

鮎の魚体の特徴。鱗は無いに等しい、

正確には有るんでしょうけれど小さくて粉みたいな物。

んんん?粉? 

銀粉?金粉?

アラアラ? 

普段は透けている魚体。

チャコールグレーと深青緑を合わせた様なサンバースト。

パールホワイトにも見える腹側。

チャートやオレンジの差し色。

アラアラ辻褄が合ってしまった。

そうそう鮎って海(時には河口,又はダム湖)で産まれて遡上もしているんですよね。

シーバス釣り師的にイワシやボラに並ぶ重要なベイトですよね? 

幼い頃から鮎を見てきたガキ大将の成れの果ての私。笑

もう少し鮎の色の考察を。続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA