御前浜,釣行記,シーバス,自作ルアー,8月18日

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

ここ数年の私の行動範囲、

尼崎市,西宮市,宝塚市,芦屋市,三田市,神戸市,大阪市。

阪神間から余り出ず、この辺りを、公私共にうろつく私。

武庫川,猪名川,淀川,大阪湾。

移動する度に水辺の雰囲気は認識出来る。

 

川沿いに南下・北上するパターンが多い、私の車移動。

ベイトたっぷりでザワザワしている場所ぐらい、見つけ出すのは容易な事。

『今、ここなら釣れるだろうな』って思った所で、

週一のホリデーアングラーには敷居が高い。

んで、結局、

勝手知ったる芦屋浜系、南甲子園、御前浜となる。

しかし、最近この辺りのデイゲームの気配がイマイチ。

御前浜は特に。

しかし私の御前浜・愛とは

そういった要素で崩れるモノでなく、笑

復調するまで見守る愛もある。

好調時には遠ざかる愛もある。笑 (人の多い日はイヤなだけやろー!)

 

ひと時の阪神間チニング・プチブームの筆頭ポイントの一つとなっていた御前浜。

 

現状ブームどころかチヌはんは逃げ出したか?ぐらい

スレッスレになっている模様。

 

平日の休日でもワンサカルアーマンが並んでいた御前浜。

コロナ騒動で身近なアウトドアとして家族連れが沢山遊んでいた御前浜。

 

アラアラ!

見る影もなく閑散とし始めた。

 

そうそう!

そんな御前浜を癒しに、

というか私が癒されに。

 

その日は早朝に満潮を迎える大潮。

ウェーデングにはぶが悪い。

シーバスは下げを狙えなんてノウハウも良く聞くが。

浅場の岸釣り全般では逆の様な気もする。

特に私の範疇の浅目の湾奥なら

上げの時にやる方がチャンスが多い様にも思える。

ただ

 

今、ワーム、というかスイムベイト誠意製作中で、

型物の設計が大変。

中々デイリーな普段使いのバイブレーションなどの補充が進まない。

 

バイブレーションとてズーとサテライトの完全完成のお題が残っている。

 

コリャ!

ムジュウ

メインで秋の釣りの予行練習をやっぺか?という感じ。

 

ソレにボトムと中層をネチネチ狙わざるを得ないだろうから、

ラインアイが四つあり強波動系になる、後方アイに繋いだムジュウなら

リフトアンドフォール系のアクションでもトラブル少ない目に釣りが出来る。

おそらくベイトのベースはカタクチイワシだろうし、長め細身のムジュウがボチボチ、パイロットだろう?と。

一揃えルアーケースに多い目に詰め込んで出発。

 

イヤハヤ、

最近カラーに対する考察をまとめて、得た感覚。

銀系より金系の方が万能で有ると言う話。

 

ムジュウの御決まりカラーと言えば

チャコールグレーに銀粉系にチャートの差し色の

『アユかも?イワシ』か、

 

ステインゴールド系

だが

金系が全く残っていないと言うことは、

なんだかんだで金系を多用していたのかな?と振り返る。

 

今年は釣り師として、

春を

コロナ騒動で失った。

初夏も、

雨で失った。

そして真夏も悪天候でほぼ失う。

 

どこどこが異常な暑さで猛暑だ!なんて言っていても

阪神間は秋の気配が迫っている。

夏の本当の暑さなど体験できぬまま、

到着した御前浜は典型的な残暑の暑さ。

真夏のソレとはちょっと違う。

おそらく岸際の水温も例年に比べると熱くなりきっていないんでしょう?

あれだけ毎日陸から水が流れ込んだら

雄大な海水とて温もる時間も無い。

だから逆に湾奥は絶好のコンディションと言える。

水は澄まず濁らず。

真夏の水温は高すぎず。

致命的な青潮が発生している風でもない。

明らかにボラ系以外のザワザワ感も見受けられる。

大潮の上げ止まりでウェーデングもないだろうと今日はゆっくり8時半出勤。

水面はなんだか生臭い。

マズメ時にベイトが沢山居たんだろうか? 

イヤ!確実にボラはん意外になんかいる。

ゴロタと砂浜の端境からスタートして

手前を間違いの無い狙い方で

丁寧に、なおかつ歯切れ良く探る。

アラアラ、全然釣れるムード無し。

沖澪筋と手前の間にはいい感じの潮目。

ここも無反応。

居ついて居るなにがしのベイトがコツコツたまにあたるがアタリはない。

アラアラ?澪筋か?

投げすぎない様に上、中、下と探る。

アラアラ?

ヤバイ感じ。

こんなにぱっと見の期待感と相反する不調も珍しい。

 

しかし、

コレ!大潮アルアルだったりもする。

『さすが大潮!』と思う日も有れば

『どうした?大潮!』と思う日も多々ある。

 

たまにショートバイトでも

『コツリ!』と有れば狙い方を工夫してと、じっくり考える余地もあろうが、

 

ポイント・ポイントの見切りがハイペースに進む。

 

あっという間に夙川河口に到達する。

そしてあっという間に最後の立ち位置に到達。笑 

 

最後の立ち位置というのは夙川河口の水没砂州の先端。

ここから東側と沖を探る。ココ対岸からも150mm以上、こちらの岸からも150mmを超える場所。

どうしたってシーバスタックルではウェーデングしないと届かない。

東側に遠投しているとベイトが引っ掛かった。

『ママカリ』だ!小さな小さなママカリ。

ある程度のコノシロなら水中が盛り上がっている風の日々も結構あるけれど、

ママカリで狂乱っていうのも阪神間では余り無い。

んん?

一応ブレード系で探る。

 

ダメ。

 

またムジュウに戻して少々速めにボトムスレスレで巻いていると、

アラ?

なんか釣れた?

というか引っ掛かった?

エイでもボラでも無い。

ましてやシーバスやチヌでもない。

何だ?

何だ?

コチ! 

んんん! 

 

釣れない釣行記、

ソレ相応の締め方があって。

『今日は全く何も釣れずスッカラカン!』って自虐するのも面白い。

 

メッチャ小さい外道が食ったというのも笑える。

 

ましてやメッチャでっかいエイやボラに腕をパンパンにされたと言うのも御前浜では良くあって笑い話になる。

 

スッカラカンだったが終盤で30cmあるなしのコチのスレって、

超中途半端で1番面白く無い。爆 

イヤ!

コチが居たって結構おもろいか?

たまに投げ釣り師を見かけるがコレ狙いかな? 

最近の御前浜って完全砂浜化しちゃったのか? 

以前はなんだかんだ言ってボトム狙いすると根掛かり多発した御前浜。

近年やけにスムーズなボトム感。

逆にコレが狙い所縮小になっていたりする。

スレてるのか居場所が無いのか?

居付きがルアーに掛かる感じもない。

んんん御前浜デイゲームは続けたいけれど(ド・ホームやし)

時期とか狙い方とか良く良く考えないと

以前の様にはいかないイメージ。

コレは作戦を練り直して再挑戦ですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA