第四話,シーバス,ワーム,自作,存在意義を考える

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

秋は美味しい食べ物も多くなって、山は美しく萌え、ホッとしたひと時を過ごすには最高の季節。

しかし、プラマイゼロぐらいの感じで台風の問題が付き纏う。

大好きな青い空と白い雲のコントラスト。

雲が結構なスピード感で移動して、嵐通過を暗示する。

近年、二酸化炭素がどうのこうので異常気象になっているんだと巷の話。

私が幼い頃から異常な集中豪雨は幾度となく降っていたし。

台風は強烈なのが訪れてゴムボートで学校に行った様な記憶もある。

夕方の集中豪雨を『夕立』と呼んで、困りながらも愛したりしながら、詩にしたりしていた、日本の自然との共生感は何処へやら? 

妖怪や野獣やガキ大将も困ったものだ!と言われながらも愛されていたりした。

医療の進化、交通・通信の便利さで、

本来自然体では得られなかった寿命や出会いの代償に、どこかで神様に逆らっている様な罪悪感を誰もが知らず知らずに感じている近代化。

それって、ともすれば『これは私のせいではない!』と言いたくなりがちで、

世の中が『フワッとした魔女狩り』をする習慣に侵されている様な気がする。

お肉を口にする時点で殺生に加担しているし、

釣りとて言ってしまえば手の込んだイタズラである。

時には何を責めるでも、恐れるでもなく、

当たり前の様にある自分の境遇に感謝する。

楽しく生きていくシンプルな術だと思います。

蝶々!蝶々!

さて!

自然を愛し、なんなら環境破壊も人一倍危惧する私ですが、

もうすぐゴムを加熱して有毒ガスを撒き散らし、

あろうことか平穏に暮らす魚はんにいかにチョッカイをかける計画を目論んでおります。爆 

 

ワームの造形とジグヘッドのジレンマ 

シーバス用のワームって当たり前の様に

頭がジグヘッドで

ワーム自体は顔から下の部分の模写であり、

なんなら模写とも言えない機能重視の造形であるイメージが強い。

様々なルアーが本物そっくりな風合いを競うこの時代に。

ワームの頭は目も付いていなければ、塗装もしていないのが大半で

『見切られた!見切られなかった!』とか

一喜一憂する感じにどうも違和感を感じていた。

今になってみれば『オモック』なんて物が存在する訳で

『鉛の色って魚ハン、好きだったんだなぁ』と思えるが

シーバス釣りを始めた頃から『ワームだけイミテートの概念アバウトカァーィ!』と

思ってたりしていました。

特に何でもOK!的なワームでなく、

実績の高いゴリゴリのシーバス専用ワーム程その傾向が強いのですから

『シーバスってそんなんが好きナン?』と結構な疑問でありました。

まぁ、そんな事考えながら、魔界釣具店を見回っていると、

ワーム自体が魚の全貌を模るワームがあるには有る。

しかもそのデザインたるや徹底してベイトそっくりに造形されているし、機能的にも何ら遜色は無い物がほとんど。

普段そんな考えを抱いている訳だからワクワクしながら購入しますけれど、アララ!二重頭が許せない。笑 

イヤイヤイヤ、本物そっくりの目玉付き頭の先にあるグレーの塊は何?』

的に腑に落ちない。

(そんな事にこだわらんと!ワームで釣れる練習セィ!笑) 

 

スイムベイト現る? 

ベイトに例えるなら頭のすぐ後ろに一本針が基本のジグヘッドリグ。

デイゲームの相場のスピード感の中で 

こうなる事は非常に多く、アタリが頻繁にある訳でもない普段の釣りでの『反応してもらえたのにフッキングできなかった』無念さは、

私の個人的感覚として

『アタリさえ無かった!』よりダメージ感。 

『上手く自転車に乗りたかったらコマを外せ!』的な意見も沢山あろうけれど、

どうしてもお尻あたりのフックにこだわってしまう。

妥協なき造形・お尻のフック?あったあった!

スイムベイト! 

しかもアクション的に大好きな動きの物が多い!チョット高いけれど、

 

試す。

 

・・・・!

 

『デカ過ぎるし!』

ウエイトも50gとかゴロゴロ。

普段の竿では可愛そう!

ソレに大きくしたい訳では無いし!笑 

探してみると小さなスイムベイトがない訳でもない事が分かった。

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA