第五話,シーバス,ワーム,自作,存在意義を考える

ようこそおこしくださいました!フミニイです! 

日本ルアー界の文句なしのレジェンド・ジャッカル会長の加藤誠司氏が動画の中で気になるコメントを。

『ワームを投げるだけで逃げる魚がいる』(ワームスレ?)

シーバスでいうところのバイブレーションスレ・ミノースレみたいなものか?笑 

シーバスデイゲームの感覚で言うと

勝負早いモンだからみんな波動の強いバイブやミノーを始めからポンポン投げては去って行く、

逆にセンシティブが予想される場所では

シンペン一投勝負とかワーム一投勝負とか、始めから寄せの弱さがネガである部類のルアーをあえて投げて

居てる魚に口を使ってもらえないか考えたりするけれど、

バスの場合、

皆がとりあえずワームを投げたりするので

海では考えにくい状況が生まれる?

エッ?違う?

もしかして海でもそんな日があったりする?

 

飛距離を出す為のウエイトと浮力は全く別の話 

バス用の大きめワームなどは塩が入っていたりして、本体だけで15グラムを楽々超えるブツはゴロゴロ有る。

コレに2グラム前後のネイルシンカーなど後方重心で仕掛けてしまえば、

形状がイビツでない限り、面白いように飛んでいく。

まぁ、ミノー同然、強い風が吹いていたりすると全く飛ばなかったりする事も起こるけれど。

よく飛ぶと言われているシーバスミノーより飛距離を誇れるセッティングは多い。

 

最近はシーバス用のミノーやシンペンでもキビキビ動かないと釣れないという話でも無くなって来ていて、

ウエイトとボディのメリハリを効かして大きく速く動く事ばかりが良いとも限らなくなっているようだし、

シンキングタイプにしても

『スゥーっと沈下するタイプ』と

『放って置くと徐々に沈下するルアー』を

使い分けたりする事も多い様。

 

水中でドヨヨンっと漂って見せたり、ジャークとホバリングを繰り返したり、ボトムでツンツン誘ったり、バスで良くやるアクションも、

シーバスでのスピード感の中で色々試してみればドストライクの操り方が見えて来るのでは?と考える。

現にシンキングミノーやシンペンのボトム付近でのジャークなんかは、

デイゲームでも『コレか!』的に好反応なケースがあり。

ソコ!ワームだったらもっといけんじゃない?と思う状況もしばしば。

ショートバイトのジレンマ 

んで、バスのルアーを研究して、シーバスにも昇華させるのはよろしいが、

どうやらシーバスの半信半疑バイトの多さはバスの比ではない模様。

『スレてる、スレてない。活性高い、低い』で巻き起こる問題点は共通しながらも、

追い方。食い方には結構な違いが有る模様。

バスではショートバイト云々と聞く事も少ない様だが、

シーバスにはその問題がある。

ガッツリ咥えて離さないなんて状況が沢山あるのなら、

根がかり多発の牡蠣瀬やゴロタで狙う事も多いシーバス釣り。オフセットフックをワーム内に忍ばせて根掛かり回避なんて手法も発展しそうなモンだが

『アタリはすれどフッキングが出来ない』事態が多発して、

ミノーでやっとけば良かった!なんて無念を感じる事は多々ある。

ところが思い返せばワームだからアタリがあったかもしれないし、

シンキングミノーだったらリアフックでフッキングできたかもしれないし、

こういう後悔を沢山していると、シンキングミノーの様なワームを作るしかないか?と

私の場合、

端的に解決したくなるものなのです。続く

これまで頂いたり、黄色いお店で購入して試したワームさん達。生まれ変わって頂くべく、ワームオイル除去のため、洗濯して乾燥中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA