第九話,シーバス,ワーム,自作,存在意義を考える,御前浜強行記

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

阪神間はすっかり涼しくなって。

例年ならまだ夏感が9月一杯は残っていたりするんですが。

今年の夏も暑いんだか、涼しいんだか、わからない状況で。

太平洋の水温がどうの、

エルニーニョがどうの、

二酸化炭素排出量がどうの言った所で、

素人にはとてもじゃないけれど、

整合性のある論評など吐けなくなってきてしまっている。

 

自然なんていう、

非文明的概念に

『異常だ!なんだ!』と言うのって、

もうやめにしませんか?笑 

 

御前浜強行記?

木曜日に御前浜に、行った事は行きました。笑

(出だしから釣れてないのバレバレ、笑)

前日に雨が降っていたのですが、自宅近くではさほどの様子で

海には関係ないと思っていました。

その日は大潮

朝に満潮、と好きでは無い状態。

イヤな予感しかしませんが、笑。

『あっ!そうだ!ウェーダーを履かないで岸から陸っぱりをやってみよう!』と

御前浜強行。

ゴロタ横の1番便利な駐車場は8時オープン。

到着は7時45分。

一旦横に停車して、ハザード出したまま、浜を偵察。

(ダメそうだったら南甲子園浜にしよう!的な)

ダメー!

ゴミシェードが・・汗!

でも、そんなに濁って無いし、

障害物レース的釣りでもやってみようか?的な。笑 

大型ワームの製作中だし、

イッセイさんのキャラメルシャッドの5インチとか、

沈み蟲とか、

その他大型ワームにオフセットフック付けてやってみようか的な。

浮きゴミをブラスにする釣りと言ったら、オフセットフックで針先がワームから出ていないというのは心強い。

考えたらこういう時にトレブルフックをぶら下げた釣りだとアタリ云々の以前に釣りにならない。

実は非常に魚の活性は上がっていたりして、意外な経験ができるかもしれない。笑

アタリが出るか?だけでも確認したい。

 

マァ、

今の私の課題は

このクラスのワームでテール近くにトレブルフックが付いている感じの物を作る事だから。

デカイワームの使い勝手も慣れておかないといけない。

 

太いワームはデカく見える

でも不思議?

5インチのワームちゅうとデカイなぁ!と感じてしまいますが、

ゆうても12.7cmなんで、

ミノーとしては小さくも無いし、大きくも無いという感じ。

沈み蟲の2.6インチなどセンチにしたら6.6センチという所で、全然小さい。

でも!針のせいか?ボディの太さのせいか?

デカく見えてしまいますね?

 

我がアイドル達にお話をして。(涼しくなると沢山出てくる)  

跳ね橋の水中のスリットに(YouTubeに掲載されている水中動画などでは、チヌはんやシーバスはんがワンサカ居る)

沈み蟲をバックスライドで入れる的な狙い方を、

あろう事か、海で実行。

一発でアタル!笑 

のらない!笑 

次はじっくり待ってあわせる。

のらない!

んんん?

ここでフグなど余り見ないけれど言うと、そういうタイプのアタリ。

魚も小さいんでしょう。

イナっこらしきベイトの群れが散見される。

彼らにコレといった警戒態勢を示す動きは無いが、たまに小さめの何かがライズしている。

秋だし、定石ではベイトサイズは大きめ、

だからルアーも中の上サイズをと、投げていたが、

イリコサイズの片口イワシが打ち上げられている。笑

ソレに乗じてルアーも小さい目に替えて。

とマァ、その日はそんな感じ。

 

オフセットフックの弱点 

ワームのボディの中にオフセットフックを通して、

針先を最終的に背中に潜らせると、

トレブルフックの様にゴミや海藻が引っかかったりしない。

沢山のルアーを根に剥奪された、私としては、笑 

オフセットフックの『根掛かり気にしないで楽しめる感』は

通用するもんなら活用したい。

例えば神戸市垂水区塩屋の冬。

ミニ防波堤の東側の一帯は海藻がブッシュの様に生い茂り、

なんか一杯潜んでいそうでワクワクする釣り場なんですが、

トレブルフックは当然、

ジグヘッドでも釣りになり辛く、

昔の村上晴彦さんの琵琶湖の沖のブッシュに

ガンガンオフセットフックのワームを入れていく釣りを拝見して、

このノウハウを持ち込む事はできないか?と考えてしまう。

 

しかしマァ!海なら

根魚系は丸呑みしてくれやすいのか?

オフセットフック系は既に沢山登場しているけれど、

シーバス用では皆無。

しかし、ガッツリ咥えさせて、ドンとアワセる。

そんなタイプの釣りなど、よっぽど条件の良い時でないとありえないか?

どう考えてもシーバスはんの噛む力って、そんなに強くない様だし。

 

イヤ!マァ、だから。

ワーム自体は自由に動く構造の中で、

シーバスはんがやりがちなファッとしたバイトに対応していくには、

やはりリアフックアイ辺りからラインを出して、フックを結び、

テール辺りでくっ付けるしか無いですね。

問題はラインの強度と、ワーム自体の動きを妨げない柔らかい素材のラインの材質(pe・タコ糸レベルでないと)

たわんだ状態でワーム内に収めて存在させる事。

何案かの対策はあるのですが、検証してうまくいったら又。

 

針先を隠した上でフッキングに長けた構造は作れない?  

ワームへの針の装着方法として、ど定番のオフセットフック沙汰。

この半世紀以上普通に存在した、素晴らしい針の形状とワームのハーモニー。(彦摩呂さんかぁ!)

ヤッパリ最高のアドバンテージはどんな所でも安心して通せる所。

欠点はフッキングミスが多発する所。

特にシーバスでは

『引き付けて!引き付けて!ドン!とあわせる!』的にあわせる事も余り無いので。

たとえ、完全に口の中に収まったとしても、すっぽ抜けるイメージしか湧きません。笑 

しかし、この便利なオフセットフックの仕組み。

懐は大抵ワームの下腹部に逆アーチ状に出ている。

ここがワイヤーだったらどうよ?とか。

上向きに針先を出してふわふわの中空ワームがかかっているだけの構造はどうよ?

とか。

水平に迫ってくる障害物には反応せず、少しでも角度が付いた、魚がかじった様な力が働いた時にのみ、針先が飛び出す構造とか。

研究なさってる方はなさっているんでしょうけれど。ずっと考えて眠れなくなる日も有る。

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA