第三話,24番サロゲート,ドッペル,自作バイブレーション,ワームバイブ,スイムベイト

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

あっという間に10月です。

オッさんの時間軸は速い。

というか、帰り見る、自分の過去の出来事が

データーとして、圧縮されているのか?

少年時代のソレより明らかに多いから? 

1日、1日が速いなんて感覚は昔からそうだが、

通り過ぎた時間はあっという間にコンパクトに整列してしまっていて、

終わった事にこだわったり、腹を立てるには

エネルギー配分がもったいなく、

ただただデータとして整理して、エネルギーを未来に残したくなる。

オッさんが丸くなるというのは、おそらくそういうメカニズムなんでしょう? 

 

ソレに『ありがとう!』が心から言える様にもなった。

処世術的要素の無い『ありがとう!』が。

やってもらった事に対する礼儀としての、常識としての『ありがとう!』でも無く。

 

個人とは、極々空虚な存在で、

無の世界感とは暗闇で、

空気も無く、誰とも触れ合える事の無い世界などありえない

『有って当然なモノ』に

『ありがとう!』と思うだけで人生はバラ色に変わるって、

皆さんご存知なのか?

蝶々!蝶々!(安い演説かぁ?)

 

ドッペルゲンガー

さて、気分は幾分高揚気味な私、というのも24番サロゲート『ドッペル』のマテリアル流しに取り掛かるので。

たった一人の世界感で封印解除も何もあったものではありませんが、

これまで様々なワームでの

『要実証案件』を

ため込みながらワーム沙汰に手を出さなかったのは、

機が熟していないと判断していたから。

ハードバイブレーションをアレやコレややってきて、

一つ一つの番手を磨いていかないといけない。

これからは一人では無く、沢山の方の協力も必要だし、

ちゃんと作ろうと思ったら私自身の努力も何倍も必要になるでしょう。

そんな中で実証が急がれる、ワームのバイブレーションに今、エネルギーを注ぎます。

さて、ドッペルという名前。

『ドッペル』とはドイツ語で英語に訳すと『ダブル』という意味だそう。

コレにゲンガーを付けると

『ドッペル・ゲンガー(二重人間)』となり

超常現象系の他人の空似とか、

別時空の自分などを表す言葉の様。

英語なら

『ダブル・ヒューマン』てなとこでしょうか?

言葉というのは面白いですね。

とにかくドイツ語にした『ダブル』に

神憑り的ベイトソックリ感、

憑依感を期待して、

1番最初のワームバイブレーションに

『ドッペル』と名付けました。

ソレにこのドッペル、

構想時点でシンペンやダートベイトを兼ねる構造を模索していて、

目標的には機能的に

ダブルやトリプルであれ!と

願掛け的な気持ちも込められています。笑 

 

いよいよマテリアル流し沙汰 

さて、石膏で型を作りワームのマテリアルを流し込む時は、

石膏は水に浸けて、

細かな気泡の原因になる、ミクロ気孔的な所に水を張る気持ちで。

サイダーか?ぐらい泡が出ている。鉛の時もやりたいところですが、爆発しちゃうと思います。笑

 水から引き揚げたら軽く拭き取り、トゥーワンさんのワームオイルを型の中に塗ります。 穴あけ用の地具にもたっぷりと 貼り合わせてマジックテープ付きのゴムバンドで固定

 

場所を野外に移し、いらなくなったワームのみじん切りを鍋に開けてじっくりと加熱していきます、

推奨されるのは耐熱ガラスですが、肢がガクガクになった雪平鍋をあえて利用。カセットコンロの中火の弱火の上で着かず離れずを繰り返しながらじっくり溶かしていきます。(良い子は絶対に真似しないで!笑)

 

野外ちゅうたって迷惑な有機化学的臭いは出ます。

最初は刻んだマテリアルが溶けきるためだけにじっくりと混ぜていきます。

全体的に溶けたら幾分硬いドロドロのマテリアルのコシを切る気持ちでやや火力を上げて加熱しました。

この時、物騒な煙が立ち上がりますが、数秒ならハプニングが装えます。笑

 流し込みます、しばらくして型を開けると・・・。

 

ん?いけてるんじゃないでしょうか?

 いけてますね。色合い的には

笑える訳でなく、賞賛できる訳でも無い、中途半端な仕上がりですが。 端材を切り取って水に浮べると、

ややキショイ!

イヤ!キショ可愛い!笑

嬉しくて追加で作ります、

初めは色目を意識してましたが、

だんだん質より量の世界に突入します、笑

戦車の様なカラーラインナップです。

何度も立ち上がる煙。

もうご近所さんにハプニングを装えません。笑

アイをくぐらせてバイブレーションモードにネイルシンカーを打ちます。

そしてお風呂テスト。

んん!成功と言っていいでしょう。

後は細かな部分のブラッシュアップ。

フックを着けて、海での挙動も確認しないといけません。

しかしひとまず

めでたし!めでたし!

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA