自作ミノー,3番デイミノー,センジュ,蒸し返し

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

とりあえずやってみたワームと、鋳物。

ことの外、ルアービルドの神様は私に親切と言うか、同情と言うか、

マアマア自分範疇では、満足いく結果をもたらせてくれた。

以前にも書いた私自身の構成。

企画・アイデアを担当する私・甲さん。

コチラは生まれつきのコアな私に近く、考えて説明するだけなら、かなりのスピード感で舵を取る事が出来る。

そしてそんな口だけに成りかねない自分を

コツコツと努力させて具現化していく私・乙さん。

自分が二重人格で有るとも思わないが、

渦の様な生まれつきの荒ぶるエネルギーの塊の様な自分自身を、

活かしながら制御して、社会に溶け込ませる様に努力して、体裁を守って来た自分。

コレはどう?アレはどう?と考えたい放題、言いたい放題言いがちな甲的キャラクターを捨てずに生きて来た自分が居る。

結果!総合私自身は?と言うと、

乙さんが甲さんに常に追われている状況で、

コレはルアー作りに始まった事では無く、

普段の仕事などでも同じシステムになっている。

だから表立った存在の乙さんはいつでも追われている状態。笑 

ドッペルをやろう!と言い始めたのはもちろん甲さんで、笑、

乙さん曰く、シンペンモードなどの機能を一旦凍結させて、バイブレーション専用のアイを強固に構成して、外観を整備して、固定してしまいたいというところなんだが、

甲さんはとりあえず、



センジュとサテライトを蒸し返ししてから、

と、なる。笑 

甲さん曰く、センジュとサテライトのハードバージョンの整備量産(と言っても自分がローテーション出来るだけの量)と両ルアーのワーム化を推進していく。

ある意味コレは能率的とも言える。

ソレに前回のセンジュ沙汰では、ギリフローディングがメインお題となっていて、

淡水でのナマズ釣りには千両役者の実績を誇ったが、

海での利用タイミングは限られていると言えば限られている。

シンキングは海的には、急務で有る。

『やらなければいけない事』が沢山あって、

コレがもし本職だとしても、残業繰り返し沙汰であろう。笑 

だから興味の赴くままにゆったりやっていくしかない。

シンキングとワームバージョンを仕上げていくに、幾分のサイズアップを図る。

そしてシンキングは軽量防水軟質樹脂粘土を使うのだが、

この形成に石膏型を利用する目論み。

超立体的ミノーは、幾分ボディの薄いバイブレーションと違って、手捻りを繰り返すと形が揃わない。

コレを石膏型で統一。

なんですが、

とりあえずワームバージョンの雄型が完成。

んんん!トリッキー!笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA