第二話,自作メタルジグ,1番,ハネラバー,鉛のシェイブを楽しむ

ようこそお越しくださいました!フミニイです!

最近は、ルアービルドなり、シーバス、バス釣りなと、様々な動画がYouTube等にアップされて、それを選び見るだけで、かなり勉強になります。

巻き巻き帝王、というかシーバスルアー釣り普及の立役者、小沼正弥氏もYouTubeを始められたし、

なんなら村田基氏も

有り余る実績、知名度、地位にあぐらをかく事なく、

動画関係は御盛ん。

加藤誠司氏、村上晴彦氏。

ひと昔前ならビデオなり本なりで情報や知識を得るに

どれほどの授業料を払わなければいけないか?ぐらいの状況でありましたが

今はとてもそういう意味では良い時代になったと言えます。

最後の村田基氏の動画のアーマードスイマーですが、

ほかのワーム系ルアーとは一味も二味も違うジグヘッド系で有ると言う事にお気付きだろうか? 

大抵のジグヘッドやハイブリッド系はウエイト部分が直進、水平姿勢を担当し、

ルアー全体のアクションの動力の源はワームで有る事が大半だが、

アーマードスイマーの場合は、ジグヘッドが激しく動き、

それをワームが追随していくシステムになっている。

ワーム自体は柔軟であり、鉛のジグヘッドに遅れて曲がっていく事により、ワームはS字を描いている。

このルアー凄いな!と私のマニア心を擽るし、

1999年には誕生しているのに、

シーバス界にはこの類のブツが無いのを不思議に思った。

海のジグは?と言うと

針は基本的にジグ自体のアクションを妨げる必要悪みたいな存在になっていて、

ジグにリアフックをなるべくつけない方が良い!みたいな空気が流れる。

昨今、ジギングや岸ジギなどのバーチカルっぽい釣りが主流でバイトミスよりもエビなどのトラブルを回避した方が釣果的に実績が出るから当然。

しかし、私の場合、現状は巻き主体でジグを考えるに、

リアフックは生命線とも言える。

そんな中で出来れば付けたく無いと言われるフックを

逆に大いに活用してやろうと言う目論見。

そしてしょっぱなは、

ワームでは無く、キャストにネガが少なく、水の中ではシェイプに多大な影響を与えるラバーを選択。

半ば自由契約級の存在をいきなり四番打者に抜擢。(また野球に例えた!オッさんの証拠)

 んで、やってみたら長くて細いS字系のブツになった。

アレ?なんで今まで気付かなかったんだろう。笑

例えばカタクチイワシなら12cmぐらいがベストで有るし、

ジグ本体が6cmぐらいのもの必要であろう、

要はラバーの終わりまでが全体のシェイプとみなす。

僅かに尻振りをして、水平に泳ぎうるジグ本体を目指す。

ジグミノー『フゲン』で得た、羽根で後部を起す理屈を踏襲。

フゲンの時はアルミの羽をつけて、面白いブツができたが、

今回は鉛でその形状を作り上げて、直進水平姿勢と後方重心による尻振りアクションのせめぎ合いを画策。

横から見れば普通のジグだが、下からみたらイカ感。笑 

コレをマスターとして、次は石膏沙汰。

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA