第三話,自作メタルジグ,1番,ハネラバー,鉛のシェイブを楽しむ

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

今週は、ハイシーズンと言うのに、釣りに行けず。

慌ただしさが半端ではなく、

まとまった時間を釣りに出かける行動を取る方が

ストレスが溜まりそうな状況であった。

『ソレなら!』と

途切れ途切れにでも、

ハネラバージグと、

フルメタルプリズムtake2・

フルメタル、ヘビーメタルを

仕上げてしまって、

次週は塗装済みで、

海にて、マジで釣りにかかろう!という魂胆。

 

石膏沙汰スタート!

今回はマスターをデッピングせずにワームオイルを薄く塗る。

最初に型取りの支えとする、油粘土の水平さは、

思いの他重要。

コレを丁寧に出来るかどうかでルアーの型のシンメトリーの精度が確立される。

前回はご自慢のテキトー振りを発揮してしまって、

歪む事が正確な状態になった。

ソレでもブツは出来るのだが、間違いを発見し難くなる感は否めない。

メイン型材の石膏。

前回、

なんだか水っぽいのではないか?

強固さに欠けるんではないか?

思われた石膏の仕上がり。

分量は正確に軽量したが、

『水分が吸収され切るまで混ぜない』と言う説明を

幾分スルーしちゃったかな?的な気もするので、

今回はじっくりと待つ。

 

今回はひたすら油粘土の水平を意識する。

柔らかい油粘土の特性をよしとして、ギュッと押さえつける的な事をやっちゃうと

肝心の型付近の水平が波打って壊る。

ここは外枠が邪魔でやりにくいけれどあらましの掘り込みをしてマスターを水平に真半分に沈める努力をする。

ちなみに油粘土のマスターの底は

型や本体の仕上がりに何の影響も与えない。

考えたらわかる簡単な盲点だ。

マスターの底を深く掘り込んでしまえば、

微力な抑え込みなら余分な油粘土を波打たせる事も無く下に沈む。

1ミリのアイの針金を半分だけ油粘土に沈めるという作業。

頭をよぎる

『そこまでしなくていいんちゃうん?』を

押し殺しながら。笑 

前回、心強かったけれど、溶かした鉛の消費量を無駄に増大させた、デカ過ぎる、注入口と、排気&溢れさせホールは幾分上品に小さくした。

過ぎたるは及ばざるが如し。笑

余りに過ぎる大は小を潰す。笑

 

今度はじっくり待って水分を完全に吸収させた石膏。

ちょっと固まりかけ感。

ピーナッツバター感が否めない!笑

ヤレヤレ!

私ったら、

『一度は両極端な失敗を経ないと前に進めない』病か?笑 

 

天花粉(ベビーパウダー)を刷毛でまぶしていく、大福餅の様に。

もちろん同時にフルメタルプリズムtake2と、フルメタル・ヘビーメタルも仕掛けている。

(コレはコレで又。)

イヤイヤ!

しかし『放置で固まる』の便利さ。

とは、

『ウカウカしてるとしくじる』事と、

表裏一体。笑

 

流し込みと言うよりも、

ピーナッツバターを塗り込む的な作業が必要。

左官屋さん的な作業を繰り返し、

なんとか平面的に慣らした。

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA