自作バイブレーション,1番サロゲート,サテライト,おゆまる版を仕込む

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

今年の夏の海は高水温だったとか、

お陰で青潮が多発で

愛するシーバスさんや、チヌさんが酸欠でかなりやられたらしい。

どおりで御前浜に生命感がなかった訳だ。笑 

 

ウェーデングなんかをしていると

立ち位置の水温は計らずとも肌で感じる事ができる。

雨後に立ち込む機会が多かったからか?

水温は低いと感じる事が多かった。

今年の冬はメッチャ寒くなると巷では囁かれるが、

まだ、秋である内に

ガッツリ釣りする日を設けないと、

実績も何もあったもんじゃ無い。

さて!

最近ガッツリとルアー作りに励み、

ソレで疲れたりもする。

程々に、と考えたりもするが

『鉄は熱い内に打て!鉛は熱すぎない様に流し込め!』的に

勢いでガンガンやっちゃう!

マァ楽しいし、

いいんじゃないでしょうか。

 

最後の一体となった、現行モデル正調サテライト。

リアアイを設ける針金の寸法は?っと!

 

46mmか?コレ!意外にもクリアハードと共通。止める穴が手前か奥かの違い。

 

ご存知!カマボコ板。笑 

極細マジックで点を付けて

 

1ミリドリルのボール盤で穴あけ。

 

裏から釘を貫通させる。

 

先っちょをチョイ、ペンチでプッチン。

 

0.8mmの針金

 

とりあえず90°に先っちょを曲げてっと!

 

一方の釘に引っ掛けて、一方の釘の手前でラジオペンチでつまむ。

 

最近は面倒なので、とりあえずアイは三角形に折り返して、

後で針金の密着をさせる時にかしめる様に丸く整える。 

んん?ちょっと長かった?

 

ドンマイ!ドンマイ!こういう時はアイを優先して、さいしょの曲げを調整する。

ルアーもニンゲンもアイ有ればこそ。笑

 

クロスTの字に整える。

 

 はめる 

挟む。ギューっと押さえると

 

意外にアイのバネバネ感で気持ちよく挟まる。

 

後々、

ボンドやら鉛やら登場するが、

この段階で結構な強度になっている感じ。

 

 こういうメモ、書いている時はなぜか空虚な気持ちになるが(絵が残念なせいかな?) 後々、役に立つ。

 

本業の割ビシルアー沙汰スタート。

 

ここでゼリー状瞬間接着剤をオモリに少し

前の針金かしめの段階でビシッと固定されていないと、

接着剤をベタベタに塗ったとて、ガクガク必至。笑 

先の見えないルアー作りも楽しいけれど、

ある意味約束されたルアーを追加制作する瞬間って、チョットした優越感。

そして、コレに 

コレを 

いい感じで纏わせる!

事は、できるのか?

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA