第四話,自作バイブレーション,25番サロゲート,すったもんだ問題,笑

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

25番計画の針金沙汰は基本的に失敗。

針金貫通アイって難しい!

フリーハンドで思い思いに創造する感じであれば

ラジオペンチ一つ、リビングでお気軽に!感だったのですが、

同一の形状を複数作るとなると

『結・局・手・間!!』という結論に至りました。笑

 

 

んで!

私が選んだのは

1番『サテライト』や

12番『クリアハード』で

採用している

『針金、ステンレス板混合骨組み』

今のやり方ではリアフックアイが横アイになってしまう、とか。

ウエイトの装着方法に制限が増える、とか。

デメリットもないではないが、

慣れ親しんだ混合骨組みでこの局面を乗り越える事に。

 

フリーハンドで仕上げたおゆまる版の写真を撮る。なるべく真横から。

フォトショップで縁を切り取りイラストレーターにあげる。

63㎜×20㎜の四角い透明のガイドを作り写真を完成品と同寸に縮小(画像は見やすいように1.5倍)

サテライトなどで使っている46㎜の針金アイが転用できるように計画すべく。

46㎜×2㎜のガイド(黄)も作る。

お家芸の板の骨組みを作成。

今回のテーマはウエイトの調整の自由度、

そして針金は最下層で目立たない様にするのではなく、

魚の側線や骨の位置を通す算段。

写真に沿って想定ボデイラインを再構築する。

ここまで進むと目玉を付けたくなる。

これで少しテンションが維持される

些細なこだわり、笑

基本的には邪魔。笑 

こうすると画像に生命感が宿り、

彼をどうにかしてあげたいと思える。(キショ!)

 

愛用しているバレーヒルさんのネイルシンカーの2.4gの実寸写真をはめ込んんで見る。

O.K余裕ある!

ヘッドはさすがにややこしくなるだろうし

クリア効果に対してより補助的効果を目論見、内臓感も計画。エラ蓋銀化も出来れば。

んで、

なるべく一杯数が取れて、

その上切断を安全に曲がりなくやり得る、

ステンレス用テンプレートを作る。

ここからが結構ややこしくて時間がかかる。

出来たプリントアウト! 

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA