第五話,25番,計画,『マユ』,とバイブを擦り寄せる

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

もう初冬なんですね?

阪神間の一昨日は結構な(暖かい)雨で、

秋感復活か?的な様子。

秋モードで少々まともなデイゲーム沙汰を体験したいものですが・・・。

25番は針金と鉄板複合骨組みでほぼ決定。

さて!

いつに無く、

かなり粘り強く、ある位置迄の到達を目指す25番構想。

『シミーフォールと、巻きスピードで変わるアクション変』

そのソリッドバイブとジグバイブ。

そして出来ればフローティングバイブ(コレは厳しいかな?)

夢の折り返し地点と言っても良い局面。

 

失敗は成功の素?

失敗は成功の素とは良く聞く格言?で、

私の価値観の中で私的に、

分類された25種類の自作バイブレーション。

それはそれは

制作段階でやらかした失敗は数知れず。笑 

しかしその失敗の中に

斬新なルアーアクションのヒントが盛り込まれていたりする。

 

思い出してください。

バイブレーションのリフト&フォールをやっていたとして、

バイブが急にエビになった。

このケースは何通りかあって、

リアフックにラインが引っかかった状態、

フロントフックにラインが引っかかった状態。

はたまた、スプリットリングとか、スナップとか、いろんなパターンがある。

操作していると、そんな状況になった事は大体感覚でわかるので

『マズイ!』と思って、

巻いてくる。

すると稀に、

そのブツがミラクルアクションをしている時がある。笑 

 

『ルアーを水に投げて巻いてくる』そんな普通の動作の中で、

今まで味わった事のない様な感覚。

 

25番に影響を与えるはマユ沙汰

表層をブレードを付けて巻いてくるシンペン

『初期マユ構想』の時。

とりあえず

軽いシンペンを、

浮くシンペン(ラビリンス!)を

作ろうと、

バルサにオモリを配置した。

 

するとそのブツは綺麗なスラロームペンシルになった。笑 

コレは一つの大失敗、

兼『マユの発見』になった。

浮くシンペンの構想段階で、

ジグヘッドとデュオさんのマニックが頭にあった。

ジグヘッドの注目点は

『重たくてぶっ飛び!挙動自体はi字に近い、引き心地はスムーズ』 

マニックの注目点は

『ぶっ飛んで、浮き上がりが早く、ド・シンキングなのに表層物で、微妙なアクション』

ゴリゴリのデイゲーマーの私にとって当時の発想として、

i字や微動系って投げる気自体余りなく、

そう言ったルアーの便利な所を見習って作るのだが、

自作するのはもっと明確なアクションを目指した。

だから、アイはジグヘッドやバイブレーション的な後頭部タイプ。

マニックの重心設定に注目して、

真ん中にウエイトが伸びながらも中心部は間隔を設ける配置に。

若干、頭側の方が重たくなるように。

んで想像したのが

『やや前傾で軽くお尻を振る、浮くシンペン』

ところが!

『完全にS字スラロームやん!』的な。笑 

そこから『マユ』の

S字スラロームの幻想に振り回される。

ソレはソレはアテになるルアー。

フローティングのスピンテールルアーは

蓋を開けたらスローシンキングでしかなかったけれど、

ソレが又良かったりした。

んで、

しばらくして、マユ沙汰を蒸し返す時に『マユモドキ』がいっぱいできる。

クロカモ・クノイチ・ダコールなど。

アイの位置から様々な模索がスラロームペンシルと、バイブレーションの間を行き来した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA