第7話,25番,計画,骨組み再構築,自作バイブレーション

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

新たな骨組みにおゆまるで肉付け。

 

本番は色々な比重のパターン(何ならジグバイブ)でやるけれど、おゆまるで試すのが手っ取り早い。

 

んで、こんな調子。厚型と薄型を微妙に区別。

しかし薄型となると、

サテライト感が増して、新鮮味に欠ける。

早速泳がせるが、

おゆまる自体、浮力があるのでテールの部分がウエイトでは無く浮力となってしまう。

しかし実際にこのシリーズの中心はボディ自体が水より重いというところがキモとなるはず。

その中に軽いバージョンが有るのは良いが、

コレを水より重たい素材で作る時のモニターとしては不適合であるとも言える。

テール部分が浮くか?沈むか?は由々しき問題。

こういう事アレやコレややっていると、

その内、又、25番とか飛び越えて、26番とかが出来てくる。笑 

製造より創造側に振られているアンバランスな私は

より追い詰められる。

 

この手の作業って人に伝える迄がヤマ

今まで何をやるにしても相棒が必ずいて、

一つ考えたら3人、

時には10人以上と沢山の方々の協力の元、

みんなで達成や進化して来た。

そして、沢山の方に影響を与えたり出来た。

これまでの仕事や人生設計の中で

『どれだけ自分の計画や意思をわかりやすく明確に伝えて手伝ってもらうか?』

コレは

大きな仕事を乗り越える一つの真理と言っていいでしょう。

しかしこの、ルアービルド沙汰に関してはチョット違う。

自分一人でトコトン考えて、じっくり作る。

期限に制限はなく、完成が遅くなろうが誰にも迷惑がかからない。

って言うか、誰かに協力して頂く以前に『どうなのか?』がハッキリ分かる領域まで到着しないと、話にならない。

 

妄想から出た暗号を解読する作業

特に25番サロゲート。

これまでの一つの集大成。

アレやコレや試す中で幻の様に垣間見たチョットした可能性を一つのルアーに集約する。

ルアーがフラフラと彷徨ったり、

バイブレーションしたり、

シミーフォールする条件って、理屈的に相反する事もあり。

チョットしたラビリンスである。

しかしそう言ったバランスによる変化って端境になる境界線は

完全に別件ではなくて、重なっている事も有るという事実

試すべき注目点はいくつもあって

ソレをキーにして塗りつぶしていく。

まるで暗号を解くかの様に

アクションの端境を解読する作業。

こんな微妙なニュアンス、伝えようたって誰にも伝わらない。

伝えられるのは明確なスイム動画と、明確な複製用のマスターでしか無い。

でもそこまで素人がたどり着くまで、誰かの協力を得られるでなく。

じっくり試し試し形にしていくしか無い。

 

高比重でお風呂スイムテストがスラスラ出来るアイテム見っけ!

こうかな?と思い

お風呂でとりあえずテストするのは良いが、

ボディ素材を溶かしたり、形成してから一日置くとか、時間がかかる。

なんとかならないかなぁ?これ!と。

チョットじっくり考える。

まず一つはエポキシ粘土。

しかし、

こういう素材って元々、金属の修理などの用途で比重が重すぎる。

その上固まってからの表面がザラザラ。

インスタントに試すには手間がかかる

『なんかパッと試せる素材は無いものか?』

動かず冷静になって部屋を見渡す。

ここ最近の『実釣出来るプロト作成銀座』と化した自分の工房兼部屋。

ぼちぼち本格的に片付けないと普段は優しい妻も黙ってはいないはず。笑 

『あっ!』

油粘土や!

何回も何回も泳がせる必要はない。

いけそうなら固まる素材で仕込めば良い。

多分10回も泳がせたらドロドロしてくるだろうけれど、

別に二、三回試せたら良いし、キャストする訳で無し。笑

幼稚園・小学生から沢山の工作をやってきて、中学生になると本格的な木工や石膏などに触れ、

大人になったらもっと沢山の素材に触れてきた。

私が大人になるにつれて、耐熱シリコンだとかセラミックだとか、おゆまるとか

素材も進化してきた。

ルアーを作る様になったら何種類もの粘土を使って、いろんな事に挑戦。

ホラ、レジンなんて言うのもある。灯台下暗しとはこの事。

最近石膏型を作るのに用意していた油粘土。

この件でウン10年ぶりに触った油粘土。

こんなに身近にスターがいた。

続く

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA