透けるくんバイブ。おゆまる型,大活躍!

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

生きている小魚は逆光になると光を通すものが多い。

例えば海ならキス、ハゼ、ガッチョなど、

川でも川むつ、カマツカなど、

実際に魚目線で潜って見ると『エッ?』くらい透けている。


私がクリアにこだわるのはそういった体験が元になっていて、

逆光では透けて見えるそれらの魚も、

真正面から光が当たる状況だと、銀に見えたり、黒っぽく見えたり。

 

とかく人間は手に持った食材用の魚を基準にしがちだが、

ゆったりと動かして、

スラローム的アクションをさせようか?ぐらいの

25番の世界観なら、

透けるリアルさ、

不器用・素人カラーリングの稚拙さを

光に助けてもらうのは必定。笑

 親友の割菱1.5号。ウエイト自体のフォルムは太くなるが、最低4g超え。

これまで使っていたタングステンのネイルシンカーが2.3gだったので、逆にウエイトアップ出来る事になる不思議。

 

こうなって来ると、私ルアー独特の残念感は更に際立つ!笑

 

今回は粘度を使用。クリア粘土『すけるくん』私には無くてはならないブツ。

 

型に詰めて

 骨組みを入れて、上から皿に盛って

 上から一方の型を押さえて、

オープン!

『グシャァッ!』

あかんヤン!爆

 私の取り柄は『めげない』

そして『両利き』

(取り柄なのか?)  

ワームオイルを塗り塗り。

 出来た出来た!(初めから塗っとけ!) ラメを施してっと!現状はまだ透けていないが、乾くと透ける。

『すけるくん』の欠点は、

透けないモデナと比較すると、

ちょっと高い。

ちょっと弱い。

乾くのに時間がかかる。

ってところ。

このまま吊るして放置して3〜5日しないと固まらない。

そしてコーティングも厚めにしないと素材自体は水にそんなに強く無い。

さてさて!仕事!仕事!

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA