ミノー,じゃないミノー,8番マル秘ペン

ようこそおこしくださいました!フミニイです! 

デイゲームのスピード帯でワームではなく形のハッキリした物が有効チュウ時がある様に思います。

ワームが絶対的反応の格の違いを見せるスーパールアーであると感じる瞬間は多いのですが、

逆にワームではなく、硬い奴じゃないとダメな時もある。

逆に反応はするがワームの形状からしてワームのテールだけちぎる様な食い方しかしない日も多々あって、

動きを阻害しようがなんだろうがテールにフックを付けたくなる瞬間ってかなりある。笑 

とて、シンペンやスラロームベイトではなく、

ミノー的なヌルヌル感が良さげな状況って、多々あるのですが、

ぬるぬるで速巻き出来るルアーって少ないし、

ミノーの構造上、リップが一旦水を掴み、1 〜2㎝位後のウエイトの充実してる部分がそのリップを強い力で戻していく。

ソレ、すなわちオーバーアクションだったり、引き重りと言うか、今やりたいルアーの通し方ではなかったりする。

そんな状況の時に投げる物って、見失ったりする。笑 

でも、動かし方とか、アクションの度合い、スピード、レンジなど細かく想定すると、

かなりの穴が私的には広くあるんですよねェー!

 

ミノーでない、ミノー?

ミノーと言えば、私の場合サスケとかエリア10が思い浮かびます。ソレに、ブローウィン、サイレントアサシン。アーダガルルとか。どれも大好きで見るたびに目がキラキラするけれど、ミノーってシンキング、フローティングに関わらず、デイゲームでよく使う、バイブやブレードベイトに比べると、その汎用性と言うか、探り切る範囲って、はたまた投げらる範囲って、限定される。っと言うかソレが必定であるんでしょう?

逆に

邪道さんのエンヴィ105,

ポジドライブガレージさんのスイング・ウォブラー,

ジャッカルさんのライザーベイト,

ウォーターランドさんのエンゼルスイマー。

全て優れたアピールを見せる

表層アピール中心のルアー。

コレら言わずと知れた名ルアー。

共通するのはリップなと、ヘッドなとが上向きで、その切れ込んだ先頭部分は水を受ける機能も持つ事。

そのちょっとした水受けの仕組みがルアーをいい感じで動かしている。

コレらは皆さん手放しで『ミノー』なんて言わなくて

なんか違う呼び方したり、急にカテゴリー分けからしれーッと離脱している事もある。笑 

この『水面直下でプルプル・ブルブル出来るやつ』笑。

コレとミノーの中間って有ったら便利だろなぁ〜って、よく思う。

この感じ、めっちゃ重たくしてボトム上を引いてこられる感じに仕立てられたらどうか?と。

いうてもこういうのって、構造上浮こう浮こうとするのが必定なので、かなりの重たさにしても撃沈はしないのでは?と。

マァ、巻きスピードに一定の秩序は必要だと思いますが。

いつもの巻きスピードでボトム上フワフワぐらいに調整すればどうか? 

この状況、仮にウエイトがミノー的な配置になっていたとするといくら動くか知らないが、

上向き姿勢で推進するイメージは私でも想像できる。しかし完全前方、低重心ではどうでしょう?

それでも立ち姿勢になりそうな気もするので、まじない程度にリップとボディの関係をなだらかなVの字にするってどうよ?的な。

そうすればいくら立ち姿勢になってもリップの角度次第にならんかなぁ?的な。

そんな希望を叶えるたたき台。8番マル秘ペン(候補)

分かったから!早よう仕込めや!的な。笑

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA