第四話,ミノー,じゃないミノー,8番マル秘ペン

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

最近の

季節の変化のフェイント感よ!

一旦あったかくなったり、長い雨だったり。

なんかガチャガチャと天気が崩れて、ある日突然、

何もなかったように、季節は変わる。

よく

猿から原人、そして現代人へ、みたいな図解が有るけれど、

その端境的な風情をこよなく愛する私。

季節とて、晩秋、とか初冬とかそんな風情が、

人間で言うところの思春期的エネルギーが有るように思えて、好きなんですが、

晩春,初夏,初秋、初冬とか雨やら、予想外の気温とか、

今年は愛する端境を感じられる、状況が希薄で有りました。

来年は初春に期待したい所ですが、

なんだか記録的寒さが続くとか、続かないとか。笑 

近畿の雪景色も美しいけれど、私も運転が危なくて困るし、

ただでなくてもすったもんだしている日本経済。

冬の厳しさなんてほどほどにしてほしい物です。

さて、

本来ドッペル・バイブを緻密に構築して行く中での、箸休め的意味合いで同時進行させている、8番マル秘ペン。

コレが中々。

やっている内に面白くなって来た。

ある程度ネタが上がった実証作業系、ドッペル・バイブと

『どんなんかなぁ?』と冒険的試みの8番マル秘ペンだと作業の娯楽感に差がある。

マァ、今日は8番マル秘ペンに引き続き、お付き合いを。笑

鉛の形状をおゆまるで形成して、鉛鋳物マスターとする。

 

百均で3個百円の代物。

 底をルーターで切断。切ない音がする。

『商品保存以外の目的で使わないでぇー!』と責められているかの様。笑

 

切れた。

 100mmに満たないサイズのはコレで充分。

 油粘土を綿棒で伸ばす。今回はカマボコ板をリミッターとして添える。

こういうのタタラと言ったんでしたっけ?忘れた。笑

 油粘土の土台が完成。あっ!ベビーパウダーを2階に忘れた。(老化か?)

マァ良い!今日はワームオイルを塗ってみよう。

 石膏は慣れて来た、そろそろシリコン型をやってみても、と思ってきた。

流し込み完成!

さぁ!

仕事!仕事!

続く

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA