サロゲート26種の完成状況と解説

ようこそおこしくださいましました!フミニイです!そしてメリークリスマス!

新人類の始祖(古っ!)としては、クリスマスと言えばバブリーなムードで

バブリーな宴会やデートをするのがならわしでしたが、

その風習も風化してしまった模様。

経済の状況の変化に日本は危ないとか、

あの頃は良かったとか言ったり考えたりする方もいっぱいいらっしゃいましょうけれど、

状況の激変のギクシャクは色々有ろうけれど、

日本の底力というか、

近頃の若者の真面目さ的な風潮はさすが日本と思う。

新人類世代の私は、近頃の若いモンときたら・・・。の矢先に立っていたけれど、

この歳になって今度は、

近頃のオッさんときたら・・・。の矢先にたっている気分になる。爆 

さて、

スラローム・バイブ混合の

26番サロゲートを骨から再構築しながら、

マユシリーズとか、

ジグ系、メタルバイブ系がドンドンと出来る環境になって。

来年は正にマイルアーだけでどんな場所でもローテーションが可能になる勢い!

しかし一作、一作に多少時間が余計にかかるので、キッチリ時間を逆算して、限られた手作業時間を割り振りしていかないといけない。

発想ありきの私の性分的にドンドン前に進んで行くが、

3番とか7番とか復活が望まれる幻のエース的番手もちゃんと復活させないと。

さて、現在ボツにしたり、かなり深刻な暗礁に乗り上げているバイブを除くと、

サロゲートシリーズは26種類。

見た目が変わらない物や、写真が存在しない全ロストだけど再現可能な物も含めて、

その解説をしてみようと思います。

 

1番 サテライト (亜種にシーマウス)

初めて成立した自作バイブレーション。軽量,近距離戦向き(飛ばない訳でも無い)、

表層系操作が基本。

リトリーブでは優しい動きだがリフトの時だけ強振動。

夏春がにツボに入りやすい模様。

このルアーの存在意義に気付く迄かなり時間が掛かった。

亜種のシーマウス。フローティングに近いバイブ

 

2番トレトレ

ロールタイプ、

当時尻振り感が皆無だったので妥協して使っている感じだったが、

シーバスの習性を色々知る内にその価値に気づいて、慌てて復元しようとしたが

コレも中々時間がかかった、トレトレのみ反応という状況が存在する。

 

3番アオバ(未完)

ギラギラタイプ、体の動きが大きいので明滅が激しい反面、波動は程よい。

ソルトルアーを始めた序盤でチヌやらタコやらエソがよく釣れた記念すべき番手。

ロストした完全版とてトラブル多い系だったけれど、是非それを解消しながら、その復活を目指したい番手。

 

4番ユズリハ 

ぶっ飛ぶバランスと強波動、コレが出来た時は

やっとまともにバイブレーションが作れる様になったと喜んだ。

高活性時のスピーディーなリフトアンドフォール。近距離戦のピン打ちとかエース。

巻き系使いでは強振動系となり粘り連投には向かない。

 

5番 5番サロゲート 

体高が高いのが気になり始めて、スリム化を図った初作。

ここから6番、7番、8番、9番、10番とほぼ同型で派生してくる。

ちょっとしたバランスの変化でキャラが大きく変わる事を知った。標準値的存在。ゆえに中波動、トラブル知らず。

コレ以降6番〜10番迄を作る際には、5番からどう変わるか?が論点となる。

続く

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA