サロゲート26種の完成状況と解説 16番〜20番

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

前回の続き!

今日は16番〜20番までの解説です。

 

16番 16番サロゲート(プルプル伸び〜る、笑)

元々は8番プルプルのサイズアップを目論んで作ったブツ。

しかし思うように仕上がらない。

しかし

細くて、よく飛んで、丁度良い高バランスの動きを見せ、

トラブルも少ない、極細バイブであることから、

結構一軍レギュラー化していて、プルプル未完成版というには

可愛そうというか良く釣れるので別物扱い

『コレはコレで良し!』的な筆頭バイブ。

 


17番 アンショワ

名前の意味はフランス語でイワシの意味。

日本語や英語のフレーズが出尽くしているワードの場合、

フランス語やドイツ語や

日本語の方言(笑)に逃げるのは私の常套手段。笑

私が『大遠投ブルブル丸』化した時の座右のバイブ。

飛距離とちょうど良い引き心地。左右の動きはしっかりしている

メタルでは無く、

ソリッド状で存在感が強く、

そこらじゅうリサーチするのに重宝する。

 

18番 the berth

写真が無い!というか、ちょっとシークレット。笑 (生意気ジャァ!)

15番オルガノイドの発展系というか、

S字を描きながら微振動でバイブする3連ジョイントバイブ。

部品が多く、作るのが大変で

達成と同時に(無くさない様に、笑)事実上封印している感じ。

レシピは完成しているので

又蒸し返して、量産して、投げまくりたい。


19番 ヘビー・メタル

細くてめちゃ飛ぶバイブレーションを作る!と意気込んだ、

ゴールありきの番手。

最近、完全メタル化した。

仕上がったのは仕上がったけれど

もうちょっとサロゲート的にはもうちょっと

いじりたい所。

26gとか30gレベルだけど、浮き上がりやすく、

かなり扱いやすい、感度も良い。


20番 コンマ

シーバスを始めてから初めて入れ食いを経験させて頂いた、記念すべき番手。

元々は7番サロゲートの失敗作だったけれど、

ある一定のバランス条件下で

バイブレーションがウネウネ曲がる様に見えて、しかも細かいS字軌道を描く事に気づいた。

中層で前進ジャークアンドゴーはお家芸化している感。笑 

既存の52mmから、新たに67mmを作る時にかなり手間取ったが完成。

名前の由来は形状がオタマジャクシと言うか『,(コンマ状)』だから。

去年のMVP,新人エース!

コンマ小さい方(当時は9番のサイズ違い扱いでした)での釣果。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA