サロゲート26種の完成状況と解説 21番〜25番

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

今年も今日で終わり、

今年はコロナ禍でありましたが、私どもはお陰様で健康に忙しく過ごさせて頂きました。

私の中途半端でイタイ目なブログを見て頂いた皆様にここより御礼申し上げます。

来年は皆様に使って頂ける様な何かしらの製品を、プロの方の力を借りながら構築していければと思っております。

そしてお話はサロゲートの解説21番〜26番です。

21番クロカモ 

スラロームペンシル『マユ』の派生でもある。

中速迄はスラロームペンシルであるが、速引きするとバイブレーションとなる。

形状とウエイトバランスを詰めてアップでもダウンでもその特性が安定する様にするのが課題。

しかし期待大である。

 

22番 プリズム

もはやエースの部類。

始祖のプリズムのチドリの発現に拘ったが、中々出ないとアレやコレやしているうちに、

気がつくとチドらないけれど、凄い理想的なメタルバイブになっていた。

飛距離・操作感・動きの程良さ、安定感、ある意味詰んじゃってる。

 

23番ハーフムーン

海番バズベイト的バイブ。笑 

取っ掛かりは端材が出過ぎる真鍮板を活用したチョットした悪戯心からくる32mmの形状遊びでありました。笑 

表層をバチバチ・グネングネン操れる。

コレ、今のうちにちゃんと仕上げといたら、暖かい時期に絶対いつかハマると思う。

チョットエビ多発が課題。

 

24番ドッペル

満を持して開けた

パンドラの箱的存在。

ワームバイブ。

一発で成立したのは奇跡。

煮詰めが私の技量を超えているので、中々進展しないけれど、

完全完成すれば圧倒的なポテンシャルのエースになりうる。

 

25番クリプト

シミーフォールとスラロームとバイブレーションの三重アクションの可能性にこだわった番手。

本体の形状・ウエイトの形状、型ものを始めたからこそ考えうる可能性が見えた。

現在ボチボチこねくり回し中。

 

26番 ゴウガシャ

1.10.100.1000と数えていった数字の単位。『恒河沙』

10の52乗。笑 億・兆・京と続いて9個後の単位。

ゴウガとはガンジス川の事それに沙でガンジス川の砂の数程とてつもない数という意味。

何かがあまりに多すぎるキワモノバイブ。

最初のプロトは基本的に大失敗です。

公表も完成も来年の課題です。

理屈的には成立しているんですが、

問題多数。

あれだけ苦手と言っといて、

ジグヘッドタイプの上向きシングルフックになる予定。笑 

逆に言うとそうしないと成立しない複雑な構造、

来年又笑ってやって下さい。

 

番外編

実は、ジグバイブとか、ダブルバイブ?とか、トリプルバイブ?とか、

何度か試みて、大失敗しているのもあります。(基本的に笑えないレベルの失敗、笑)

それに1番のワーム化とか。

来年は型物に慣れて来たので、シリコン型にも挑戦しようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA