自作ジグミノー,2番ミノージグ,フルフル,その5,ジグミノーのネガを打開する

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

ソルトルアー釣りを始めた頃『釣りは遠征して当たり前』感覚が強く

『釣果は美味しく頂く』って言うのがポリシーでありました。

しかし、段々と気付いて来る。

寝ないで釣りして、帰るなり料理をして家族に振る舞っても、

初めのウチは喜ばれるけれど、繰り返す内に、

外食に行っている時の方が楽しそうだな?

って。笑 

んで、播州室津とか、明石などにお邪魔していたんですが、地元の浜でもやってみようとなった。

んで御前浜にお邪魔するようになったんですが、

もちろんゴロタ浜なんかだったらジグミノーなんて秒殺してしまう訳です。笑 

結果小さなバイブレーションが(5番から10番ぐらいの時代)色々できていくんです。

しかし竿捌きが少しずつ理解出来てくると、

重たいジグミノーでボトムきっかけのアクションしていくのが楽ちんだと気付く。

バイブレーションを揃えてローテーションしても全くダメな時がある。

バイブレーションの飛距離感で察しを付けた狙い所を

バイブレーションのアクション以外でリサーチするには、私的に、シャロー用ジグミノーが必要だった訳です。

Take2着手

んで!2番ミノージグのウエイトはtake2へ、

take1は仕上がりのウエイトが30gを超過しそうなので、

もっと全体的に軽くなるように、

そして逆Tの字の断面のウエイトの下方の辺はそのままに、

尻ふりを促すために直角の部分のウエイトは前と後ろに分布してみる。

こうして、あーして! 

はい出来た!

コレもとりあえずおゆまるでボディを作ってっと、

テストテスト!

続く

パラレル・逆ブレード,裏スピン,自作シンペン,自作スピンヘッド?

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

情報ソースを忘れてしまったんですけれど、この前こんな話しを聞いた。

人形やロボットって完璧に作られていると、愛着がわかず、逆に気持ち悪さが強まると。

そうそう!解る解る!

マネキンとか繁華街・ショッピングモールで見るから何も思わないでしょうけれど、

夜中に1人でマネキンといたらかなり気持ち悪いだろう。

 

ロボットとて丸と四角と三角の組み合わせ的な物や、お掃除ロボットとかだったら

愛玩できそうなんですけれど、完全なアンドロイドと二人?キリ?とか

なんだか怖いと思う。笑

 

ルアーとて、同じ事が言える。

例えばイッセイさんのカタクチワームやギルフラット。

アレを水中で見たら本当にいい意味で気持ち悪い。

ルアーの模倣能力やアクション・挙動って完璧に近付くと気持ち悪くなる。

踏み込んではいけない領域に自分が踏み込んでいる様な気分になる。

 

もう一丁、イッセイさんのお話、

沈み蟲のバックスライド、ネコメタルのバックスライド釣法たるものがある。

コレって乱暴に説明すると、逆付けのルアーが後方重心になっている状態で水中に入れる。

するとテンションを緩めた状態だったらルアーが釣り師からして沖側に自発的にスライドしていくというもの。

この挙動ならラインを介さずポイントに侵入出来るし、

橋脚の水中の隙間などを手前にからアプローチしうる。

コレの名手・村上晴彦氏曰く、

『コレ、ゲーリーさんのイモなんかでみんなやっていて別に新しいテクでも無い』と申されてらした。

海でそのテクを発揮されていて、ソレを見た時ちょっと目から鱗。

頭からその残像消えぬ間に、

2番デイミノーはバックスライド系にした。(まだまだ練り練りが必要ですが) 

んで、海でのデイゲーム仕様の距離感のウエイト設定の中で、オモリが軽いと飛ばないし、フォールが遅すぎるのも局面を選び過ぎる。重過ぎるとバックスライドシンキングでは無く、直角に近い沈下になってしまう。1秒一回転レベルのスピード感で沈下して、ある程度のウエイトを装備させうる術はないものか?とチョット考えた。

アッ!

ブレードや!

しかも逆さブレードや!

あれっ?

これだとエビトラブルも皆無!笑 

早速構想。

ふむふむ?スプリットリングの付け外しで正方向の2連のブレードとしても使えるようにっと!

こんな感じか?

 

キショ!(凄い!構想の段階でキショ!が出ました!逆に期待大!)