マユシリーズ,まとめ,その2

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

早いもので、このブログを始めてからまるまる3年が経ちました。

今年から4年目。

仕事関係のブログはずっと前から書いていたりしたので、

3年というと未だ3年しか書いてないのか!と思える程、

長い間書いているように思える。

オッさんの時間は相対的に猛スピードで流れて、

この前赤ちゃんだった息子がビジネスマンになっていたりしますが、笑、

 

釣り絡みの何かをしている時、

相対的私の時間スピードは

子供の頃の目線の様にキラキラ・ドキドキして

ゆったりと

噛み締める様に流れて行く模様。

ふと、

マユシリーズの発端・取り掛かりについて書いた記事を振り返ろうと。

 

当時、私はマユ発現に対してどんな感想を書いていたのか?

 

振り返ろうと記事を遡って見ると、

 

当時はまだ、釣りブログのかけらもやっていなかった模様。

 

案の定さかのぼるとマユの再現ができない的な記事から始まっています。

当時、ブレードベイトというと私的にPB-20が最強で、

PB-13は出ていなかったし、シャルダスもなかった。

よってシャローで気軽に使えるブレード系ってD-CLAWさんのデイビーぐらいしか見当たらない状況で(実際は釣り具店に少なかっただけで数種、販売はされていた模様)

『浮くブレードベイト』を作ってシャローでブレイドをぐるぐるやりたい!って

マユの原型を作った。

これが結果、フローティングでは無く

スローシンキングに仕上がったけれど

コレがかなり魚の反応を得られた。

今で言うところのホバリングというやつ。

ブレードを早く回している間は中々沈まない、

一旦、沈めてから巻いて来ると中々浮かない。

これだけで

自作ルアーとしてはかなりの意義ある出来!と当時は自画自賛した。笑 

これにチヌさんなんかはワンサカ反応するので面白くて仕方ない。

しかし出来高は一つ。

一瞬の命。笑 

 

当時、自分がメタルバイブレーションやジグミノー系から一皮剥けるのに、

i字系のシンペンに注目していた。

なぜならそれまでやっていた『鮎の友釣り』 

囮鮎が元気なうちは鮎がアタックして来るが、

囮鮎に元気が無くなり棒引きに近くなると決まって、

ブラックバス・けたバス・ニゴイなどと思しき

フィッシュイーターに食われる。(思しきというのは切られてしまうから、 鮎のラインはナイロンでも0.2号だったりする、笑)

若干動き、ダランと棒引きされた状態って

フィッシュイーターのトリガーになると、

反面教師としてインプットされていたので、

その理屈を今度はフィッシュイーター狙いにプラスに当てはめようとしていたから。

んな、中で

デュオさんのマニックとか大好きなの泉さんも愛用だったし、

私も購入してコレをモデルに、この感じの小さいヤツを作ろうと自作した。

ソレが初自作i字系シンペンのつもりのマユであった。

しかし面白い事にソレはスラロームしてしまうのでした。

『ん?ナンジャコレ?マァいいか!』的な。笑 

復刻版始祖のマユ。

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA