第二話,考察シリーズ,ルアーと餌釣り,『釣れる、釣れない問題』

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

前回から別件の投稿を挟みましたのでとりあえずこちらも!

いやはや!釣り堀のエピソードはこちらにも

海上釣り堀に家族で行った時、

幼い娘の仕掛けも用意、

スタッフさんから聞いた棚に合わせて

娘がはまらない様に気を配りながら、隣で釣る。

しかし娘ばっかりアタる。

私は全然アタらない。『えっ?日頃の行い??』的な、笑。

 

シーバスとて、

釣れてないときに急に釣れ出したら『ジアイだ!』とか、

『群れが通った!』なんて

勝手に100%の勢いで納得したりするけれど、

本当に全部そうだろうか?

 

逆に釣れないとき

『魚が居ない!』とか 

『食いッ気が無い!』とか

『活性が低い!』とか、

本当に全部そうだろうか?

 

私はいろんな釣りをしてきましたが

チヌの落とし込み釣りは勉強だけして結局やらずじまいで・・・。

理由は簡単!

高い防波堤の際々に立たなければいけない事が多いからで、

よくよく考えてたら

どの面下げて

『落とし込みに挑戦!』なんて張り切っていたのか?

不明?

自分が高所恐怖症な事と

落とし込みの極意が

道具を揃える前に繋がって本当に良かった!笑 

 

フカセ釣りはやりました!

えっ?

磯に渡してもらってか?

って?

イヤイヤイヤ地磯!地磯!笑 

(岩の上においてかれるなんて私的にあり得ない!)

 

一般的に双方とも対象魚はチヌ。

二つの釣りの大きな違いは

撒き餌、有る無し、が

ぱっと思いつく。

 

しかし付けエサを魚が食うように運ぶのに、

旧来からの定石的アプローチで言うと

 

落とし込みは直角に近い軌道で落とす。

着水点に糸をぐるぐる回したりして、基本、付けエサは上から真下に落とす(今はどうかわかりませんが) 

対して

フカセ釣りはサミングして

ハリス(リーダー的なもの)をまっすぐにしたりして

ウキを支点に扇形の軌道で落とす。(時代にフカセ釣りしてた、笑)

もちろん海は常に揺らいでいるので、言い切れませんけれど、

冷静に考えてハリスの存在をネガと考えるなら、

圧倒的に縦に落とす落とし込みの方がラインの存在感を消しやすい。

しかし

フカセ釣りには撒き餌という煙幕があり、

その撒き餌が雲のように固まって水中に漂う中に仕掛けを隠す、

コレ確か『同調』と呼んでいたけれど、

アレ?どこかで聞いた言葉ですね、笑。(今ではフカセ釣りも上から落とすのが浸透している模様)

 

コレ、ルアーフィッシングでも

興味深い関連事項がある。

確かに、ジグとかジグミノーとか、メタルバイブとか、

フォールで食う事も多々有り、

アタリが取りやすいテンションフォールの方がやりやすいけれど、

アタリの数で言うと圧倒的にフリーフォールの方がアタリが多い。

この関係って落とし込みとフカセ釣りの関係に似てますよね。

一旦、話はフカセ釣りに戻る。実はフカセ釣りの撒き餌って大事なコツというのがあって、

先程で言う所の海中の雲を操作するという事。

撒き餌のほぼ3分の2ほどは雲要員と言っても良いようなもんで、

まさか遠くからパンの窯の様にいい匂いがするわけで無く、

あの雲を見て『なんだ!なんだ!』と集まる要素が多分に有る。

撒き餌が全部食べ物だったらなかなか付け餌に到達しませんしネ!笑

んで

ルアーにはたまに匂いは有るにしても撒き餌は無い!って、

ブラッシングと水押し・波動という撒き餌が有りますヨ!笑

しかも得体の知れない明らかに不自然、不完全なフラッシングは

水をかき回して乱反射させて得体の知れないスッチャカメッチャカなフラッシングに変わって

『なんだ!なんだ!』となる。

のでは?

続く

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA