村上晴彦氏の動画について,シーバスにスポットを

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

現在活躍されているプロアングラーの方々。

ルアーデザイナーの方々。

それぞれ釣り方に対する考え方が違ったり、こだわりが違ったり。

ネット上にはそんなレジェンドクラスを辛口批判したりして、

素晴らしい仕上がりのルアーを『釣れない!』と断言していたり、

丹精込めて作り出された

人の仕事の結晶を

『買う価値無い!』とひと蹴りする様な文章を書いたりと。

逆にネット上に

タックルにせよ、ルアーにせよ、どういうアプローチでこの製品を発売したか?的な

動画や説明は明確に表されているはず。

もちろん消費者はお客様なので時には辛口批判も必要であろうけれど、神様じゃあるまいし、

作った意味ない・買う価値無い的な表現までするのは一体どういう趣旨?

誰も得しないと思う。

絶対的人気者、絶対的レジェンド、

極めし方って、

そんな批判・批評の矢先に立つケースは多く。

例えば

我々民衆一般人の話題で

総理大臣のやり方を批判したり、

オリンピック代表、

プロスポーツのエースを批評したりと、

常人離れした、

圧倒的存在を批判するのが常。

 

じゃあ貴方がやったらどうか?と私は言いたくなる。笑

この世でそうやって出ている方の見えていない苦労などを

頭に描く配慮も無い、

そんな風潮にどうした日本人!

と逆に言いたくなるのです。 

 

圧倒的存在ってアーダコーダ言われやすい

圧倒的な存在のスキって、

完全に打ちのめされて、諦めた自分のジェラシーを和らげるのに心の拠り所になったりするのはわかる。

特に

挫折がデフォルトの私にはとても分かる。笑

 

ネコリグ・ダウンショット・スモラバの発案者。

これだけですでにバス界では完全にレジェンド、

そして今なお進化し続ける村上晴彦氏。

そんな、

我々、民衆アングラーに好き勝手言わせる

雲の上の存在で有りながら楽しく遊ばなければ意味がない!という姿勢は

完全に私のメンターとも言える。

常吉時代の動画を拝見すると必ず冒頭に

『進化の過程を見て欲しい』と表示されるけれど、

今尚、氏のコンセプトである様にお見受けする。

 

そんな氏のイッセイになってからの釣行。

海太郎での釣行動画。

今迄シーバス というのがなかったけれど、

おそらく初めてのシーバス狙いをタイトルに冠された動画。

常吉時代はシーバスの取材もよくやられていて、
そんな動画も拝見することも多いですが、
イッセイになると、何かお考えがあるのか
シーバスを!的な取材は無かった。
氏のスタイルというか、
考え方というか、
センスというか、
常人とは一線を画す天才性があって、まるで仙人の領域。
村上晴彦氏作のルアーは購入というか、召喚したって感じになる。笑
そんな中で一見ベーシックなバス用ミノーと思しき
『GCミノー』
コレのベーシックな中に潜む異彩感に驚く。
潜るのに、見事な水切れ、
ハイピッチなアクション、
8グラムと私の得意なウエイト帯でないのであるが
なんとも投げていて信頼出来るルアー。
海での使用感は問題ない、
というか格別である。
そんな氏のボートながらシーバス取材。
実はこの動画3本取りの模様でコレが3本目らしく、結構疲れてらっしゃる模様。笑 
結果ミノーで一本ものにされる。
そしてその次の回の
『村上的』質問コーナー。
タイドに対する考え方の返答。
この方、アマチュアアングラーが
『釣りが出来る時間にしか釣りができない』という
プロが余り言及しない要素を大前提としてアドバイスなさっている。
例えば
『上げ止まり前後2時間ぐらいを狙え!』なんていうアドバイス、
初心者でも何度も聞いているだろうし、
それが全てに当てはまらない事もみんな知っている。
しかし、ホリデーアングラーの大前提
『いける時に出来る時間までしか出来ない』という所の中でどうするのか?解かれる。
その時点で血の通った響くアドバイスがなされている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA