自作ジグミノー,2番ミノージグ,フルフル,その2

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

2番ミノージク・フルフル。

未だ完成していないのに名前が決まっているこのブツ。

しかし、このウエイト形状、私なりにかなりの期待があるのです。

2番ミノージクのお題は?

シミーフォールとお尻フリフリと波動の共生。

ジグ並みのウエイトで抜群の飛距離を確保しながら

『食わせの間』的な『間』の演出が可能である事。

 

普通、

キャスティングジグは

シンペン的に使うか、

その圧倒的明滅暴れで集めるか、

沈下とリフトをハイスピードで繰り返してほわっとバーチカル的、定点狙いしていくか。

ってところでしょうけれど、

フルフルの場合は。

ぶっ飛んで!

早い目のシミーフォールで沈んで、

任意のレンジで

ジャークやトゥイッチ、ツンツンやったらはためき、

ある程度の間を持ってアクションして行く、

しかしテンションかけなかったら(出来れば水平)高速シミーフォール。

コレ、

私が既存のプロルアー,自作ルアーに関わらず,

穴だ!と思っているポイント。

それにストレス無く全力キャスト(腕の力が全力とは別)して、

腑に落ちる飛行姿勢で飛んでいき、

着水後は個々の感性に馴染む様に操作出来て、天地が完全に確立されている事。

んで、take1のウエイト完成!

趣旨的にはシンペンのお腹に薄いジグを横向けに貼り付けるっていう発想。

しかしそれだと薄ジクが真っ直ぐだと、巻いている時の姿勢が安定しすぎるので、

その横向けの薄ジグ的ウエイトの中心から

直角に又ウエイトを伸ばす。

コレでルアーが小刻みに姿勢を崩しては戻りを繰り返すはず。

メトロノーム的な。

あっ!

次の名前は『メトロノーム』やな!笑 

あらあらこのコンセプト、

使えるかもしれない。

ジグに浮力体を被せて行く辺り、

鋳物さえ、ちゃっちゃかやっていけばバリエーションは無限だ!

で、

とりあえずおゆまるボディで んで指針を確定すべくお風呂テスト。

素晴らしい!久しぶりに思惑以上の結果が!

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA