自作ジグミノー,2番ミノージグ,フルフル,その3,タッタカtake2

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

想定を上回る可能性を秘めた羽根型ウエイト。

何よりシミーフォールが確定していて

『どんなシミーフォールを楽しもうか?』的な論点でルアーを創造していけるのが楽しい。

コレが仕上がれば

『ど素人の奇跡』とも言えよう

25番サロゲート ・クリプトの完全完成の布石にもなる。

take1の総括

その1・その2で解説させて頂いている様に、この発想の発端はモデナで作った、1番ミノージグの母体となる、メタルジグのマスターを

悪戯心でお風呂テストしたところから始まる。

マァ、言うと鉛では無く2割程の比重しかないモデナのボディなので、

沈下はゆっくりで、大層なシミーフォールをしたのです。

自分が落ちて行く時の水の抵抗だけで

かなり強烈なシミーフォール

(シミーフォールと言うよりもはやアクション)をしたので

『あっ!横向けの重たい板状ウエイトってアリアリや!』

となった。

上に浮力体などがあるうちは良いが、

もし?そのままに近い状態で機能させようとした場合

『無の一枚の鉛板』になってしまわない様に

羽根の中心に本体の鉛を設けた。

この本体の鉛の調整で様々な落ち方や飛行姿勢の調整、もちろんアクションの調整もする。

『とりあえずパッパとテストする』でお馴染みのおゆまる。

急いでお風呂テスト。

ハイピッチなロール強めのウォブンロールが発現!

わー!

ズゴイ!

コレ!アリアリヤァー! 

しかし、

フリフリって言うてもうてる。笑

コレ、フリフリやなくて

サクサクやな!笑 

問題ない! 

コレは考えたらウエイトでも有る。笑 

ヨシヨシなんだかいつもと違う感じ、

余裕のテンションで

take2スタート!

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA