自作ミノー,5番デイミノー,イルカ,構想,その3

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

このネタ引っ張ってすみません!汗 

しかし、

比較的スイスイ作られるバイブレーションとは手間が違う。笑 

どうりで市販のミノーは値段がする訳です。

一般的なやディープダイバーって、

大きなリップの上にラインアイがある場合がほとんどで、

リップ自体もそのデカさを

無に近づける為に透明である事が多い。

そしてルアーの性質上、よく潜るのはもちろんなんですが、

ジャークなんかすると『ブルブルブルーッ!』的にド派手に動く。

でもふとした時に

『魚ってそんなに激しく動いて、水押しする?』

なんて

頭をよぎる事が有る。笑

 

んで、

一般的にそういう部分を解決するのに、

リップ自体がとても細くて厚くするって方法が定石の様ですけれど、

私は頭を軽くして、動きながら水平にスピードアップする挙動を目指す。

ひるがえるなら別にダコールが得意だし、

ボトムを違う攻め方で探りたいと思うんです。

 

センジュが見せた、シレーッと潜る挙動

デイミノーシリーズの三番手でありながら

かなりの実績を誇るセンジュ(ってもナマズですが!笑)

(漁師さんの漁具の『ヒコウキ』を元ネタに遊ぼうと作ったら、思いの外いいミノーが出来た、ド素人のミラクル)

潜る時にはほとんど泳がなくて巻き始めたらS字スラロームアンドウォブンロール。

テンションかけてリフトするときにだけ少々激しく動く。

この挙動にナマズさんが必殺的に反応してくれた。

コレ!どシャローでサイトで出来たのでかなりの自信になった。

『アー!こう動かしたら、魚はムキになるんや!』

コレシンキングやディープダイバーとて、見えては無いにしても

『ココ居るヤロ!』的な場所に、

入れて誘いたい! 

 

ジャア!センジュシンキングを先にヤレヤ!

チュウ感じですが、

3m位のポイントにこのニュアンスを繰り返すのには、

ルアー自体の進入がシレーッとポイントに上から斜めに降りて来た方がイライラすると思う。笑(イライラさせる基準ん?)

んで、

センジュとイルカの違い的には、フリー状態で結構なシンキングで

コレはお尻下がりで凧状にシミーフォールする感じになると予測される。

テンションフォールではアクションしながら水平が希望。笑 

巻くとそのまま水平ライトブリブリ。笑 

ジャークするとやや潜り水平やや強ブリブリ!

んでテンションの惰性でシレーッと水平沈下、

長くステイするとお尻下がりになってくるので

トゥイッチかジャークして水平に正す。

的な使い心地。

とりあえず

ステンレス板のリップとラインアイ、針金アイの3部品を作成。

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA