ブルーブルー,ジョルティ,別格,ハイブリッド,&,自作ワーム

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

阪神間では、産卵後のシーバスさんが順次お帰りになってらっしゃると聞く。(先週の釣行でもそうだっただろうに・・・。沈)

そういえば駆動ピンテールと駆動グネングネンシャッドを

何かがかじっていた様だった。

あの反応にもしや、シーバスさんも混じっていたのかな?笑 

そもそもワームのデカイジグヘッドリグでは、

あんな『ツン・・・』みたいな半信半疑なアタリをアワセられないし、

逆にトレブルフック複数付きの硬ルアーだったら、

ボトムの込み入った場所にステーさせるなんて今の私ではまず無理。

それに、超ステイアクション重視、根掛かりしない重視の駆動ワーム系だから、反応が得られたのかもしれないし、

逆にデカイから反応があったのかもしれない、(駆動系#1・#2のサイズダウンは新たな課題)

ラインを緩めながら張る的なリール捌き、

竿先にテンションをゼロより少しだけ掛ける事を意識し続けて、着水からピックアップまでアンテナを貼り続ける的な芸当も段々身に付いてきた様だし、

当面、初心者の殻からは抜け出せないであろう私とて、

狙う場所とか、そこでのアタリの感じ方とか、使う自作ルアーのバリエーションとか、

確実に進歩はして行ってる。笑(少しずつですが)

ルアーの軌道を3Dレベルで意識して頭に描き、どっから来たベイトがどんな侵入角度で、どこで折り返し、どこに外れて行くか、

とか、

段々と面白くなってきた。

どデイアングラーとて、その辺りの芸当を意のままに実行出来る、出来ないでは、アタリ自体の出方が雲泥ぐらい変わってくる。

釣り師として、ヘッポコビルダーとして、今年は楽しみな一年になる予感。

 

さて!

仕事忙し、釣り系以外のプライベート忙し、釣り系の活動も忙しで、

本ブログもフィーモさんも休みがちな最近です。

しかしながら、昨日に沢山の方がブログを見て頂いていた。

どうやら

ダイワさんのセットアッパーと

ブルーブルーさんのジョルティの

インプレッション記事を沢山の方が見てらっしゃる模様。

丁度、2年程前の記事で私の感覚も変わった事ですし、

情報ソースであったyoutube記事も削除されたりしているようですし、

又、ルアー作りの観点からも、当時、分析・考察できていなかった事が、分析・考察出来るかもしれません。

(ちなみにその時のジョルティの記事)

今週、来週はいちテーマとして

そんなジョルティとセットアッパーの分析・考察を蒸し返してみたいと思います。

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA