自作ミノー,5番デイミノー,イルカ,構想,その5

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

 

『成功とは、意欲を失わずに失敗に次ぐ失敗を繰り返す事である』

ウィンストン・チャーチル

 

なのだとか。

 

なら

 

私は大成功者だ!笑 

 

私的に鳴り物入り感、満載で張り切って進めた、

『いるか』沙汰。

 

ディープダイバーの夢はアッサリ大失敗。

しかし、何というか、

そのぉ〜

ミノーとしてはかなりのポテンシャル高なルアーの予感もある。

後方固定重心縛りで、お風呂テスト段階で

『潜るカァー!!』

となったけれど、

色々やっている内に、何かが見えて来る。

例えばセンジュの場合。

現在出来ている物だけでも、淡水と海水では、挙動が変わり、

何故だか海水の方がぐいぐい入ったりする。

多分、ボディ全体は海水の中でより、軽い存在となるが、

有るか無いかぐらいのリップの存在感・存在意義が

海水と淡水では、チョット違うのだろう。

だから、海水に対して、軽いはずのブツがより潜ったりする。

海・川兼用のミノーを作らんとした時の落とし穴で有るし、

逆に奇跡の依代だったりもするのじゃないか?と。

 

私が使った事有る縛りの、狭い狭い世界観で考えた場合

例えば、

極々優秀なラッキークラフトさんのステーシーなんかは

淡水用のサスペンドがスローフローティングになる変化を除けば、

それが示す挙動自体は大差ない。

 

一誠さんのG・Cミノーも然り。

逆に水離れに長けた

G・Cミノーなんかだったら海水だと、淡水では出現しなかった、波動が出ていたり。笑

作者もその効果に言及されている動画。

んで、

ディープダイバー発端で作り始めた

『いるか』ですが、

今後余り気にせずに

『メチャ飛ぶ後方固定重心ミノー』部分と、

釣りを楽しむ行程で精神的にかさばらない、爽快な使い心地を主眼に進めて行こうとおもいます。

いずれにせよディープダイバーほどにはならないかも知れませんが

完成すればセンジュやカマキリより更に潜るかと予想されるので、

失敗も段階を踏んでボチボチと。

続く

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA