自作シンペン,ダコール52,鱸ラバー,海でワームがトレーラー化する?その2

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

阪神間はまだまだ寒かったりする、

昨日の朝は車のフロントガラスが凍っていた。

真冬の朝なら空きペットボトルにお湯など溜めて、

家を出るの習慣であるが、暖かくなると『凍ってないや!』と助手席に置く。

家に着いたら、その要らなくなったペットを持ち帰ればていればいいんだが、

そんなモン忙しくていい加減な私は大抵、忘れてる。

普段コーヒー以外の飲み物を買わない私的に、

空きペットの銘柄って、プレーンの炭酸水で、

普段なにかを割って飲むのに、そんなのまとめて数本買ったりする。

お店を出て、助手席にポンと置いたりすると、

ふとした時に袋から飛び出して、

溜まったお湯はりペットの残骸と混じる。

さて?本物の炭酸水はどれでしょう?的な。笑 

さて、ダコール52はとりあえず二つ完成!仕様は鱸ラバーバージョンで。

普通ならサイズダウンする時はなんのルアーでも

使うルアーのウエイトは軽量化して、フォルム的にも67mmのデフォルトより細く作るのが慣例である。

とて、噛み潰し重りパターンのダコール的に

52mm÷67mm≒0.776倍→0.8倍として、

イヤイヤ!

2.5号の丸割びしの0.8倍って・・・?

イヤイヤイヤイヤ!

だからとりあえず、67mmのレシピをそのまま踏襲して、

丈だけ52mmで作成。

 

事実上スラロームするジグの完成だ!笑 

かなり前に、自作ジグヘッドに凝っていた時。

今の駆動ジグヘッドみたいに鋳物が不可能であった頃。

ジグヘッドフックに割びしを挟み形成する事をやっていた。

割びしを真半分に切ると、

市販のジグヘッドに近い物ができる。

そんな遊びの中で、鉛の周りに浮力体を纏わせて見る的な事を試すのは私的に必然に等しい、行動欲求で、

当時はあまり芳しい結果が得られなかったけれど、

ずっと気にはなっていた。

ワームのジグヘッドリグって、昔からずっと気になっていた、軽いジレンマがあって、

例えば今で言うライアーミノーとか、以前からのフラッシュJとか、魚ソックリのワームの件。

バスの場合はホバストとか、内蔵ジグヘッドが今では当然になっているけれど、

ウエイト配分がデカイ、シーバス系の場合。

フロントのオモリ部分を

『ない事』とみなし、

そのまま魚の顔がジグヘッドの後ろに装着されている状況である事が多かった。

イヤイヤイヤイヤ!

せっかく魚そっくりに象って居るのに、私的に非常に整合性に欠ける気になる風習であった。笑 

ソリャ、

尊敬する釣り偉人の面々がそれで良いと思っている時点で

私も何も考えず、踏襲すれば良いんですが、

どうしても気になる。

しかもワームによっては、せっかく綺麗に仕上がった顔を切ってジグヘッドに装着する前提の物もある。

貧乏性の私にはチョットした精神的負担。笑 

しかも、ジグヘッドの鉛部分の大半は目が無い。

ソレに一般的なワームを装着すると、目が無いルアーの出来上がり。

必ず目があるその他のルアー。

魚はんの意見は別として、

どうも私的にはスッキリしない。 

よくよく考えたら、ワームの艶かしさって、

ボディの半分ぐらい自由で有ればさせたい挙動は再現できる場合がほとんど、

なら、

ボディ前半はミノーチックであったり、シンペンチックであったりしても良いはず。

と言うかその部分未開拓?(常吉時代の村上晴彦氏はやってらしたけれど)

んで、

ダコール52(そして更に36mmとか)。

オリジナルワームも物理的に作成可能になったし、

この辺りを突き詰めたい的な。

先ずはダコール52鱸ラバー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA