自作シンペン,バイブ,マユ系,UOGATA52,その4

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

前方固定重心のマユシリーズ。

ボディは水に浮く『モデナソフト』というのが現状のわたしには必須のレシピで、

後方半分に一切オモリを配置しないので、前傾立ち姿勢になろうとするそのブツを背アイで引っ張る上方向の水圧で

水平に抑えるという仕組み。

いわゆるオモリがたっぷり有るボディ前半はオモリの力で水圧をかわしながら自由に推進するが、

ボディ後半はソレ自体の浮力より上からの水圧が勝り、

しかし逃げ場を失った力を逃すために左右に揺動するという仕組み。

変わってバイブレーションはボディ後半が上からの水圧をかわす様に、薄くするか?重くするか仕立てられているが故に小刻みに震えるアクションが成立する。

マユ系ってその境界線で何をどうできるのか調整していく事。その境界線は実際にどこなのか、記録していく作業でも有る。

そして、四の五のやっていくうちに、ウエイトバランスにご法度エリアというのがある。

スラロームの振れ幅最大値に近いバランス。

コレは傾向的に前方固定のウエイトを前・真ん中・後と分けた場合。前と後が大きく、真ん中が軽いめになると起こる。コレを極端にしていくと最悪スラローム起動の外側の限界点で堪えきれずに水面を飛び出したり横倒し棒引きになる。

②前が重たい場合 

コレはルアー自体が背アイを軸に前傾になり、背アイ以降のボディが水を受ける構造かどうかで挙動が変化するが安易に想像できるのは、バイブレーション傾向が強くなるという事。 

③真ん中が重い場合 

これ自体としては動きが穏やかになり安定する傾向に有る。

ソレに背アイというのも普通のラインアイと違って、ルアーを巻く時に上からの水圧をより多く感じる。

背中の面がモノを言う。

 

んで、

今回のUOGATA52 の場合。

前を重たくしてバイブレーション傾向にふる。そしてその傾向を遮断する様に、重たい目の後ウエイトを後方にずらし打つ!コレ、今までにないパターン。

が、今度は禁断のボディ後半薄作り。

なのに不安定を煽る様に、後のオモリを離す。

ここまで必須条件を詰めておいて、

自分が打ち立てたセオリーがまたはみ出す自分に呆れる。

そりゃ都度・都度の失敗率は高い訳だ。

しかし、わたしには把握し切れない水圧の妙に対する挑戦状でも有る。

そして、自ら悪路を進む感じに、まだ見ぬ世界観を期待したりする。

お風呂でも試したがなんとも判断が難しい感じ。

海でテストだ。

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA