自作シンペン,ダコール31,コレはもはやジグヘッド!

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

西宮北部の自宅の朝はまだ寒くて、

一体何が温暖化かと思う。笑 

阪神間の海も、わたしの時間帯など、活性を感じれずで、

バチ云々と囁かれる時期になると、どデイでも相応の海の気配を感じるものであるが

例年の感覚で言うと、三月初旬のイメージだ。

こんな事なら去年沢山釣れた、ナマズハンにお相手いただいていたら、相応の川実績でも自作ルアーに付加させてあげられたかもしれないが、

昨今のテーマは、見えない潮を体で感じてレンジ毎に攻略していく事。

巻き巻き沙汰に更に単調になりがちだった、深場レンジ攻略と言うか、

縦の階層の意識を体に覚えさせると言うか。

特に南甲子園浜のいつもの場所。

上げ止まりから下げにやっていると、深い潮のクロスの方位性と、立ち位置からまっすぐ伸びる段差。

ソレに応じて、繊細タイプのルアーの挙動・巻感はガラッと変わる。

 

情報を元に食いが立つ場所に現れたり、ボートでスズキはんのたむろする場所でガンガン釣れる有りきは望む所だが、

魚が少なくまばらな状態・活性もイマイチの状態でどんなルアーがどう動けば、局面を打開できるかというのは、

釣れる場所の情報を得て、

そこで間違いの無い当たりルアーを投げる釣りとは

又違う尊さが有ると思う。

 

んで、

今試したいのがフロートリグ系の縦落としとか、

ノーシンカーの大遠投的な狙い方とか、

立つバイブや立つジグヘッドリグ系ハイブリッドでのズルビキとか、

冬から春にかけてゆっくりリアルに見せる感じは来年のこの時期の論点になるだろう。

 

今はスモールベイトが岸際にたむろする状況下であるが、

ソロソロそれなら、どホーム御前浜に里帰りしても良いかもしれない、

どちらかと言うと、御前浜向けのオオルリとズーの達成もしないといけないし。

んで、

ペンタイプのハイブリッドが最近の私の仕事。

UOGATA52 はまんまと失敗して、

それを埋め合わせするかの様に、

D’accord 52ウィズワームは抜群の達成感を見せた。

いっそのことそれならと、

ド・ハイブリッドの世界観に突入させる。

意外にもワームって、比重があって、

親ルアーが浮く性質だと馴染まない事が多い、

ワームが親ルアーに追随しなくなって、

一つのルアーとして融合しなくなるからだ。

だからマユの場合

浮力がモノを言うルアーであるので、

回転するブレードとの相性は良いが、

意外にワーム装着には向かない。

ところがダコールの場合、

その忌避領域をギリギリクリアしているようで、

ワームとの相性が良い。

以前マユハイブリッドなるものを取り組み、

話にならないレベルの大失敗を食らったが、

ダコールの世界観なら成立するとみた。

ゆえにマユ31の型を制作。

マユシリーズの特性である、ラインアイから後ろの水噛みが起こす効果を担保するために

透明のスタビライザーと言うか、ワームの背中を頭から45mmぐらいまで硬い透明の板でカバーする目論み。

この前久しぶりに投げた、

バウンシーの逆T字ワームキーパーが優れものでその機構を拝借。笑 

こうするとワームへの付加は親ルアーの揺れだけにとどまり、

簡単脱着タイプの

無限ワーム固定ハイブリッドが出来る算段。

ソレにスラロームするハイブリッドって、

まだ無いんじゃないか?と思うと。

出来上がりにワクワクする気持ちが高まる。

チョットややこしいけれど、

頑張ってみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA