第五話,自作バイブレーション,29番サロゲート 候補,ファー・バイブ,毛皮付きジクヘッドフックがバイブする

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

ファー・バイブのベース自体が出来上がり、とりあえずおゆまるをボディとして、

その後、

ファーをセメダインX2 で装着。

通常の残念さに更に磨きのかかったブツになったが、要は振る舞い。

デザインから根本的に練り直さないとファーの意味無し!笑 そもそも毛皮とボディのコーデが破綻してる。爆

鹿の毛自体が針にどう干渉するのか?どうアクションするのか?海なら実際どうなるのか?ソレが今は重要!笑 

このブツ自体、ボトム近くのリフトアンドフォールを意識して作ったけれど、この機構ただ巻きでもバンバン使いたい。

 

んで、南甲子園浜でテスト

本当はソロソロ、御前浜に里帰りしたい気分であったが、試したいブツが多く、こういうのって同じ環境設定が大事だったりするので、南甲子園浜へ。

若潮の満潮からダラダラ下げる状況、前日は雨で水潮必至。いずれにしても南甲子園浜だろう。

ジグヘッドフックがそのままバイブレーションの本体という発想自体、フッキング率云々は当たりなしで実証出来なかったけれど、

根に果敢に立ち向かう感じ、軽いジグヘッドと同様にかなり安心して行える。

 

腹側に普通にトレブルフックが2本も付く通常のバイブを使う大前提

南甲子園浜のいつものポイント、現在海藻が生い茂り、ただ巻きの食わせポイントと言えよう岸から竿アルナシの水辺一帯に群生していて、釣りにくいたらありゃしない、

そして270°にキャスト出来るのは良いが、丁度ど真ん中に大きな根掛かり必至の大きな根が発現していて、

流れに任せてボトムを維持しながら回収とか、

ノーテンションで回収とかそういうことはやりずらい。

しかし針が上向きを維持できるこれなら、針を引っ掛けちゃう前に、

ルアーのボトム干渉を察知できるのでかなり釣り易い。

この状態自体、かなり大成功で有る。

しかし、ルアー自体のウエイトを軽くしたのがこのルアーの特性を最大限に活かせ無い模様で、どうしても根付近をネチネチ狙うには、もう少し重量があった方がよかった。

しかし、ルアー自体が針で有る構造上、掛かってからのバラシ・シノゴノが心配では有るので、考えないといけないかな? 

鹿の毛は向かない? 

当初、ラビットゾンカーなる物をつけようとしていたブツ。

鹿の毛皮で代用したが、水の中で悩ましげに魚を誘惑する様なはためきとかは得られなかった。

どちらかと言うとやはり淡水形の水中昆虫などを模す感じが適任の様に思える。

急いでラビットゾンカーの入手と、

フェイクファー(笑)バイブ的な視野もひっくるめてこの感じを達成させたい。続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA