アトールさん,ジグ,GJタラッサ,30g,良すぎてビックリした!

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

私は今、西宮市在住、

そして、

邪道さんでお馴染みの谷山商事さん、釣り具の問屋さんでも、あるのですが、自社オリジナル釣り具の全体をバレーヒル名義で展開となさっており、その中に邪道さんというブランドが存在する。

国道43号線の西宮の道沿いに谷山商事さんはあって、

別に西宮市民で無かったとしても大好きな邪道さん,

そして、

バレーヒルさんのちょっとした小物とか、リーズナブルで気の利いた感の高い製品が多い。

いずれにせよファンで、

釣具店で必要な何かを買う時はバレーヒルさんや邪道さんのアルナシを確認してからというのが習慣となっています。

ところで

邪道さん系のルアーって、

いつも気になるブランド表示が添付されているのを気にしていた。

ヨレヨレとか、ヤルキスティックとか、クルクルとか、

『アトール』の表示が、

ソレにクルクルなんていう、

スピンテールジグの代名詞みたいなブツを誇る邪道さん、

ソレに対抗するかの様なスピンテールジグの

『シャクラ』というのがアトール名義で並んでいたりする。

それってどういうことだろう? 

ちょっと話は逸れて私ごと。

兵庫県西宮市北部、在住。

育ちは尼崎市北部。猪名川支流の藻川という川で釣りをして育った。

だから今も結構な釣りジャンキー(上手い訳では無い!沈)

 

アトールさんの所在地を見てみると

尼崎!

それも私が育った周辺だ!

クルクルとか、ヨレヨレとか、ヤルキスティックとか、

製造はアトールさんがやっている模様!

そんなところで大好きなヨレヨレとかが作られていたのか!

なんだか知らぬ間に地元愛!笑 

 

邪道さんの冠をつけずとも、

アトールさんはウッド系の良い奴とか、メタル系のええ感じのルアーが沢山で、カラーも申し分ない感じ。

 

自作ジグの新たな展開も考える昨今、

アトールさんのジグから何かしらのオーラを感じて、

とりあえず『GJタラッサ』を調達。

そして、

ワクワクしながら、南甲子園浜で投げてみる。

イヤイヤイヤ!

ナスオモリの飛距離!

イヤイヤイヤ!

ナスオモリ凌駕!

イヤ!

待て!

これまでこの手の後方重心ダイナマイト系ジグってあるにはあった。

そのどれもが、

アクションが無い系の

『これって普通に色つきのオモリやん!』的な。笑 

今でこそ一時『オモック』なんていうのが流行して

必ずしもアクションする必要が無い局面に投げるべき物と悟れる自分がいるけれど、

どのみちルアーとしての私の期待感って

どんな風に動いてくれるかにお小遣いを差し出す行動的な。笑 

 

さて、そのアクションは?

異常な飛距離に喜ぶのは程々に、

大遠投したブツがどんな風に沈下しているのかは非常に分かりづらく、

見通しの良い深い場所でフリーフォールさせてみる。

イヤ!

私的に完璧、

コアマンさんのゼッタイレベルで完璧。

ゼッタイの場合

稲妻状に左右に行ったり来たりしながら沈下していく

それはそれはイカしたフォールだが、

GJタリッサの場合そのすべてが細かく速い。

その速さが

『重いから落ちていく』的な物理法則に基づいたものではなく、

計算された調整されたスピード感、

それは作者が

『もっとゆっくりにできるけれどこのスピードが一番食うよ!』と語るかのよう。

かなり複雑いい感じのハイピッチな強いアクションを小さなサークル内に収めるかのようだ。

操者の思う場所にそのアクションをピンポイントに打ち込む事が容易。

岸ジギをはじめとするバーチカル系のアピールにかなり強烈に効きそうである。

巻いても、

あれだけの極端な後方重心なのに

幾分尻下がりながら、

バカあばれせず相場以上にシンペン使いも出来そうである。

 

最近マイブームのジグの逆付け

イッセイさん『ネコメタルショック!』以来、

ジグのリバーシブル使いに興味深々な私、

別に推奨はなさっていないようだがGJタリッサも逆付けにしてみる。

これだけの後方重心、逆付けしたら何がどうなるんだろう?的に。

飛距離は同等!!

そしてフォールははためくように対空時間長く

これもこじんまりとサークル内をギラギラマックスで落ちていく。

イヤー!

私的に岸ジギというと『ゼッタイ』一択の世界観だったけれど、

コレはかなり!

ヤバいジグ見っけ!で

皆さんに貸して回りたいぐらいであります。笑

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA