第六話,自作バイブレーション,29番サロゲート 候補,ファー・バイブ,毛皮付きジクヘッドフックがバイブする

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

ラビット・ゾンカーマテリアルが到着!

イヤイヤ!鹿とは全然、毛の種類が違うし!笑 

このモフモフ感、ウサギさんそのものヤ!

しかも、皮も毛もソフトで

コレをバイブの背中にはっ付けたらと思うとワクワク!

とて、

下のバイブパートはまだまだ試行錯誤が必要。

しかし、ここは『ラビットゾンカーマテリアル来た記念』に

鹿さんと交代してもらう。

イヤイヤ!

この時点で納得の挙動感。

ヤバい!ヤバい! 

私目線的には

とてもとてもいい感じだが、

魚ハン的には、どうなんでしょう? 

しかし、ティンセルとか、ファーとか、

何に見えてるのかわからないけれど、フックに付けたりすると効果的な事は多い。

結局、水の抵抗がフックにいらない事もあるのでそういった物が万能では無いイメージはあるけれど。

 

御前浜テスト 

んで、早速

故郷、御前浜にてテスト。

お風呂段階では発現しなかっかったバイブレーション波動、予測通り、海では出ている。

アクションにあわせてファーが波打つ様にS字に揺らぐというハイライト的効果はバッチリ。

ワームやジョイント系ならある程度のパワーや姿勢云々、細々とした措置が必須になるが、

ファー自体が軽いブツなので、かなり広範囲に自由に

この動きが出せる模様。

ただ巻きも良し、リフト&フォールド良し、ダート良し。トラブルは無い。

ソリャそうだ!シャーシはジグヘッドなんだから。笑 

しかしマァ、

アタリかボラスレか分からん微妙な生命感を感じながら

針に乗らん! 

ソリャそうか!

シャーシはジグヘッドフックなんだから!笑 

 

根掛かり回避能力とフッキング率を両立させる術 

結果、ファーバイブ自体はかなり優れ物で有る事が立証されて、問題はフッキング率とファーの持久力となってきた!

take2と言うか、ジグヘッドフック自体には利用価値が高いので、

ファーバイブII(ダブルフック仕様)構想、

スタートや!

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA