第四話,自作・超ミニスピンを作る,ブレードが透明であれば30mmの10gのシーバスルアーが完成?

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

ナイトをする方なら体験されてらっしゃるのか分かりませんが、

私的に得体の知れないベイトのお話を耳にする。

関東のプロアングラーの方が良く言われている『アミ』『アミパターン』で、

阪神間大阪湾側に入り浸りの私からしたら、

『タイリクスズキ』

『アカメ』

『アミ』

『ルフィ』

『エレン』

『炭治郎』

コレら全て同等で有る。

以前は『メッキ』も同等であったが、

御前浜で一回釣れちゃった。笑 

だから、

アミパターンに有効とか、透明とか、私の行く釣具店では見かけない。

 

しかしハクがうろつくこの時期、

小さいルアーがチートになる局面は沢山有るし。

ルアー不振の折、隣でエビ巻き師に竿を曲げられたりすると、

メバル系のシラサ風のワームを大人買いして、ばら撒いてやりたくなる!(アカン!アカン!)爆 

 

とて、

シーバスがターゲットな場合、ルアー縛りしてきてるんだから、

食わせったって、限界が有り、

波動なり相応の存在感が無ければ

到底小さな匂い付き生き餌にかなう訳も無い。笑 

んで、噂に聞く(笑)アミパターンのルアー。

透明や白濁透明でモヤ感を見せる趣向とやら。

この事態に活用できないか?と張り切る。

細かいルアー作りなど、

私に向いているとは言えず、

墓穴を掘る様な物で有り、

ストレス解消の糧にもなり得ないこの作業。

横でエビ巻き師に竿曲げられる沙汰の怨念を原動力にやり抜く覚悟で、

一つの試みとして、

2021年4月27日透明スピン騒動が勃発した。笑

あっ!釣りに行って来まーす!

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA