自作バイブレーション,28番サロゲート,オオルリ63

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

最近、

自分で自分の宿題をどんどん増やして、かなり素人ビルダーとして忙しい。笑 

ただで無くとも仕事自体、このご時世なのに、忙しかったりして感謝の日々だったりするが、

安心感を糧に物理的自身をどんどん痛め付けている感もなきにしもあらず。笑 

しかし、

嬉しい気持ちでバタバタする、コレ、

人の一つの幸せの形。

こんな拙いテキトーなブログでも、

アップする毎にみに来て下さる皆さんのお陰で私は幸せです。

ありがとうございます。

 

オオルリ63

さて、お世話になっているFimoではある程度解説していたオオルリ63。

実はこのブツ、本来完全な企画モノ。

様々な形状のバイブレーションが有るにせよ、

実際のところラインアイの支点とウエイトの配列って線にして繋げると、その角度は鋭角的というか大体30°前後。

そこを45°以上に広げてしかもラインアイを何個も後に広げて行ったら何が起こるのだろう的な。

結果、63では4アイとなりましたが。

この一つ一つの5ミリ程度の差がかなりルアーの個性を変えていく。

1番前のアイだと、普通にリトリーブしている間は動かない、リフトするとバイブレーションする。

しかし1番後のアイだと、激烈ブルブルとなる。

2番目は穏やか系、3番目は一般的な強波動系となる。

コレ、

同じ多穴バイブのムジュウと比較するとその趣旨の違いは明白。

ムジュウが同じルアーの個性のまま振動や姿勢の調整を微妙に変えるのに対して、

オオルリ63の場合は一つ一つの穴が根底からルアーの毛色を変えていく。

だからムジュウの場合、

一つで4パターン美味しいって感じに留まるけれど、

オオルリ63の場合。

『一つのルアーに4つの別のバイブの顔』

レベルまで毛色が変わってくる。

マァ一度上げましたが、この様に。

んで、カラーも施し。

『28番サロゲート・オオルリ』

意外に

使えるヤツとして

早々と悩む事なく完成となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA