第四話,自作ミノー,センジュ・ソリッドシンキング

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

このコロナ禍の中、髪を切りに行くのも気軽に行けない。

理容師さんも、美容師さんも

万全の感染対策をもって施術にあたってくださり安心ではあるけれど。

逆に予約の間隔が広がり

人気の所は予約を取るのも大変だろうし、

外食もそうだけれど、何かと思い通りとまではいかない。笑 

そんなこんなで、

後ろは無理ながら、

前なら自分で!的に

セルフ散髪を最近よくする。笑 

左右のバランスに気をつけながら、チョキチョキ切って、

こんなもんか?と櫛を入れると、

イヤイヤイヤ!的な。

極端に右側が短いヤン!と

左を切る。

イヤイヤ!

今度は右。

最終的にメッチャ短くなる。笑

後ろと前の関係性崩壊!(良い子は真似せずに技術のある方に切ってもらいましょう!笑)

ルアーのバランスって・・・。

って、何でこんな話を長々としたかと言いますと

浮力のあるプラグ系・特にミノーを自作する時に、この現象に似た事が起こる。

ウエイトバランスを調整したり、

浮力体ボディを削ったり、

リップを削ったり。

そうこうしているうちに本来の趣旨からドンドン遠のいて行く。

んで、全く予測してなかった場所に着地したりする。

コレが凄く面白い事になる事もあるのだけれど、

毎回そうでもないし、

何よりセンジュの場合って、

その特性に大きな確信があるシリーズなので、考えている場所に着地しないと始まらない。

 

少し前傾させるもう一つの手段

当初の考え方では、ラインアイのフモトのバランサー的なオモリを重くする手段をとったけれど、

逆にメインの最後尾のウエイトを軽くすれば、

シーソー的に前傾になるはず。

飛距離的にはかなり余裕があるので

例えば0.5gクラスの調整にネガはないはず。

しかもスラロームに関しても、ゆらされる側が軽くなる方が有利である。

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA