第二話,自作バイブ,27番サロゲート,ウィロー88

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

29種類からの自作バイブレーションが有るったって、

中には何かに似ているのもあるだろうし、

5番とか9番とか、他のルアーのベースというか依代的なルアーもある。

しかし、27番ウィローに関しては、似てる奴って、この世に見当たらない。

でも

チョット創作の暗礁に乗り上げた感があったのは、

本体の比重問題。

オモリに薄いカバーが付いてそのまま薄い本体が尻尾まで伸びる構造上、

ボディ素材の比重の影響ってそんなにないだろうと、

たかをくくっていた。

だから、なんなら比重2ぐらいのモデナの方が全体ウェイトが稼げるってなもんで、

扱い慣れている中で比較的に強靭なモデナを選択した。

イヤイヤ!

全然感覚が変わるし!

結構な確信が有って、

プレ感無く、本格的に作成したんですが、

結果イマイチで、チョット抜け殻感を感じてしまって・・・。

囚われず!次行こう!的な。笑

結局67mmとかもやっていたんですが、

初めに作ったおゆまる製の奴が1番しっくり来る結果に。

とて、

比重0,5ぐらいのおゆまるの大きな欠点、

炎天下ではドロドロになる。

かと言ってモデナソフトでは強度に不安があるというか柔軟過ぎる感じ。

んで、

結果軽くて透明で強いとなるとレジンになるんです。

 

アレも出来る、コレも出来る禍。笑 

んで、

結局、

前回のウィロー沙汰で色々な可能性を感じて、

アレもコレもと、結構やりすぎた。

そういう感じって

様々な気付きがあって、

いいチャァいいんですが、

中々実践配備に至らない。

 

そして居直る。笑

ウィローはウィローで仕上げて、その工程の中で得た気付きは次に活かそう! 

で、

レジンの型取りは今のところおゆまるのクリアが私的に定番。

理由は単純に光を通すから。笑 

ハイハイまずは石膏で土台を作り、上からおゆまるクリアを抑え付けて型を作る。

はい完成!

あっ!

やっぱりボディは軽い方が断然いい感じ!

でも、セリアのレジンを4本も使っちゃった!

440円か?

なんか考えないと!笑

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA