第三話,D’accord 31,ハイブリッド,フック可動式,ペンシルヘッド

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

前回の続きです。

今年の私のテーマは

『整理と収拾』だった。

もう暦は完全に折り返し地点に。

整理と収拾と言うよりも!

『冒険と命拾い』と言う感じ!笑

 

で、

かなり序盤におもてたんとチャウ感じです。

逆に整理と言う概念が

無謀な大冒険の敢行の中で、

収拾というのがギリギリの中で綱渡りをし続けると言う事か?

と誤解釈しそうである。(自分の話ヤロぉ〜!)

 

しかしそう言いながらも、

なんだか一つ一つ自分なりに仕上げにかかっている感も

いつに無く有り。

『たまにルアー作りでもやって日頃のストレスを解消しよう!』的な段階は

とっくに超えている。

拙い自分のアイデアを具現化していく作業など、

なんだかみかん箱に捨てられた野良猫を世話する感じで、

ハイリスク・ローリターンながら、笑

使命感が先立ち

そんな中に見る

細やかな幸福感を糧に

何とか続けている感じ。(オーマイリルガア!爆)

 

31mmのヘビーシンペン構想って

雨晒しになってミャーミャー泣いていた子猫を拾って育てる。

コレぞ収拾チュウたら収拾を付けると言う事なんだろう。


んで実際、

もうすぐリアルに子猫を迎え入れる我が家。

当人(当猫?)は未だ来ていないにも関わらず、

ペットショップに行ったり、

ウン十年ぶりの猫家族に盛り上がる我が家なのでした。

 

さて、

ダコール31を31mmの万能親ルアーとして育てる冒険は段々と進行していて、

前傾に成りたがるルアーを背中から引っ張って水平に修正する過程で、

フリーでセットしているオフセットフックがくの字に折れ曲がる事が目立つ。

とてワームをジグヘッドの様に固定してしまうと

その力のバランスを柔らかいワームが受けてしまい、

ワームがくの字になるだけで。

要はこの『姿勢の微妙な問題』を親ルアー内で完全に解消してしまいながら

ダコール31単体としてのポテンシャルも大きく開花させようという目論み。

さてさて、31mmのシーバス専用超ミニペンシル、

ある意味

未到と言えば未到な様であるけれど、

メバルを狙う方に良くシーバスが掛かったり、

真冬から春先などはルアーは小さい方が良い事は大体ネタが挙がっている訳で、

無節操な私は

『なら、31mmのペンシルを大遠投して、ボトム辺りを漂わせたい!』となる訳で。笑 

前回は前傾が気にならない訳でもなかったダコール31・ハイブリッド仕様。

とて、

リアにチョットウエイトを噛ませるとダコール自体が崩壊。

そんなこんなで、

0.25gの世界観に、さて効果は? 

イェーィ!

いい感じ!

出来たらフロントフックも付けたいんですが、

フロントフック装着一つで全て崩壊とかよくあるんですよネェ。

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA