沈下・漂い,シーバスに新たなアプローチ?

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

この5年ぐらいで阪神間の釣り場事情は激変している。

まず神戸市沿岸は基本的に釣り禁止に近い状況になっている。

その影響でただでなくても釣り場所選び放題でもなかった阪神間のシーバス釣り場は激減して行く。

そこに輪をかけてシーバスやチニングがチョットしたブームになったもんだから、

ますます釣り場の人口密度は高まる。

だからランガンたって、人が沢山いるので、一級地では成立しない。

ココと決まったらそこで幾分粘る必要があるし、

場所変えしようたって目的の場所が空いている保証はないし、なんなら空いて無い可能性の方が高い。

平日に休む私とてそうなんだから、日祝に釣りをする人は尚の事そんな状況だと思う。

 

ネコリグ・常吉リグ創生期の村上晴彦氏 

琵琶湖のブラックバスを漁港や浜のオカッパリで釣るのが流行った昔、釣り場所がどんどん荒れて、しりつぼみになりかねない状況だった頃、

一人の若い青年が現れた、村上晴彦氏である。

まず釣り場がハイプレッシャーになってしまってヘビキャロ大遠投で竿抜け狙いという釣り方は村上晴彦氏の師匠の時代から広まっていたみたい。

んで、

村上晴彦氏がやったのは完全食わせ集中の釣り、

当時ワームとてテキサスリグなんかで巻くのが主流であったろうし、

あとはミノー、クランク、スピナーベイトの世界観であったろう状態。

それを小さく軽いワームをゆっくり誘いをかけながら沈下させて、着底したら余り移動させずに誘うというセコ釣りの世界観。

基本的に自分が動くのではなく、移動している魚を止めるという趣旨がベースになっている。

 

浮釣りでも落とし込みでも沈下で大概が決まる

餌釣りをしていても餌がベタっと定位置にあったりしていると食う確率は下がる。

大抵が沈下中か餌を動かす様な動作中にアタリは起こる。

大事なのは餌が1番下に有る事で、

仮にラインを先行して沈下させる様な事になるとマァ食わない。

 

ラインは見ていると言うより存在感

ライン・ルアーを『見切る』と良く言っているけれど、

不思議な矛盾に気づく。

魚が大きくなるとラインは太くなり、魚が小さいとラインは細くなる。

ラインが見えていたら魚が食わないと言うのならマグロ方がメバルより何十倍も目が良いなんて事はないだろうし、

10号のPEでもメバリングを楽しめるはず。笑 

例えば下から食い上げる時は見えてるリーダー込みの判断で食うか食わないか決めているだろうし、

興奮させる事ができれば判断基準はどんどん甘くなるんだと思います。

しかし、辛い状況の魚に食わせるのなら、リーダーはルアーの真上に立っているのが理想になるんじゃ無いか。

前記のネコリグ・常吉リグがもたらした釣果も

その推察と一致していると思う。

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA